2017/06/19(月)第3回戦

横浜DeNA vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 0 0 3 4 0 7 11 1
  横浜DeNAベイスターズ 0 0 0 1 0 3 0 0 0 4 9 0

18:00試合開始|横浜
第3回戦 1勝2敗0分|観客数:14,448人

4番ロメロが逆転HR!交流戦を勝ち越しで終える!

先発の金子千尋投手
一振りで試合をひっくり返したロメロ選手
伊藤選手の一打で貴重な追加点を奪う

交流戦最終戦、先発マウンドにはエース金子千尋が登る。その金子千尋は1回、2回を三者凡退で終えるなど順調なスタートを切るが、迎えた4回、1死から3連打を浴び1点を奪われ先制を許してしまう。

一方打線もDB先発・飯塚の前に5回まで2安打と打ちあぐね金子千尋を援護することができない。なんとか踏ん張りたい金子千尋だったが6回にDB宮崎に勝ち越しのタイムリーを浴びるとその後は味方守備にミスが生まれ4点差に広げられたところで無念の降板となってしまう。

重苦しい雰囲気が流れる中、7回ついに打線が反撃に出る。ロメロ、モレルのヒットで1死1、2塁のチャンスを作り打席には代打・小谷野。5球目を捉えた打球が左翼ポールに直撃!ベテランの一振りで一気に1点差まで詰め寄る!

勢いにのる打線は直後の8回、4番ロメロに逆転となる第11号2ランHRが飛び出すなどこの回一挙4点を奪い、ついに試合をひっくり返す!

7回から登板していた黒木が回跨ぎとなった8回にピンチを招くものの、代わった守護神・平野が空振り三振に切って取り、9回も0点に抑えゲームセット!交流戦を10勝8敗と勝ち越し、リーグ戦再開となる23日・神戸での試合へと闘いを移す!

◇ 福良 淳一 監督

「小谷野の3ランもそうだし、ロメロの内野安打、逆転2ランもそう。選手全員があきらめないで戦ってくれた結果。金子もよく投げてくれた。後を継いだ黒木も平野も本当によくがんばってくれた。」

◇ ステフェン・ロメロ 選手

<今日のヒーロー!8回、逆転となる11号2ランHRを放ち試合を決める!!>
「小谷野が3ランを打って、いい流れで回ってきた打席だったし、1点負けていた場面だったので、結果的に逆転2ランになってくれてうれしいよ!まだまだシーズンは続くけど、交流戦の最終戦、とにかく勝てて本当によかった。これからも“オウエン オネガイシマス!”」

<8回1死1塁レフトスタンドへ飛び込む11号逆転2ランHRを放つ!>
「打ったのはストレート。少し詰まったけど、風もフォローだったし、打った瞬間行ってくれると思ったよ。とにかく逆転できてよかった!」

◇ 金子 千尋 投手

エース・金子千尋投手

<先発5回2/3、被安打7、失点4>
「チームが連敗中でしたし、なんとか先に点を取られたくなかったんですが。先制されて、リズムを悪くしてしまいました。」

◇ 小谷野 栄一 選手

1点差に詰め寄るHRを放った小谷野選手

<7回1死1、2塁からレフトポール直撃の代打3号3ランHRを放つ!>
「チャンスの場面でしたし、いい形で後ろにつなぐことだけを考えていたんですが、甘く入ってきたスライダーにうまく反応することができました。なんとか切れずに残ってくれました!」