2012/07/17(火)第19回戦

阪神 vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 5 0 0 0 0 0 0 0 3 8 13 4
  阪神タイガース 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 9 0

12:30試合開始|鳴尾浜
第19回戦 9勝7敗3分|観客数:276人

戦評

初回、2死1.2塁の好機を得たBsは、日高の中適時Hで先制点を奪うと、山崎浩の右適時Hでもう1点を加える。さらに満塁の場面で三ツ俣が走者一掃の左適時2BHを放ち、この回5点を奪う。

援護をもらった先発のマクレーンは初回のピンチを凌ぐと、その後も得点を許さぬ好投を続け、6回無失点で降板。8回に3番手吉野が被弾するも、リードを守る。

9回には小島の右適時Hや深江の内野ゴロなどで3点を加えると、最後は4番手鴨志田が連打でピンチを招くも、ラストバッターを併殺に仕留め、ゲームセットとなった。