試合情報

2020/06/06(土)

オリックス vs 広島

練習試合

オリックス

ホーム(後攻)

試合終了

6-10

15:00

京セラD大阪

広島

ビジター(先攻)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  広島 0 0 4 0 0 0 3 1 2 10 13 1
  オリックス 0 2 0 0 0 2 0 2 0 6 9 0

>>ゲームレポート・試合画像はこちら

責任投手

非公式戦のため勝敗記載なし

バッテリー

  • 広島
    床田、中田、高橋樹、藤井皓、フランスア、菊池保、スコット-坂倉、磯村
  • オリックス
    田嶋、鈴木、吉田一、澤田、海田、ディクソン-松井雅、若月

本塁打

  • 広島
    鈴木3ラン(3回)、メヒアソロ(3回)、メヒア3ラン(7回)、堂林2ラン(9回)
  • オリックス
    太田2ラン(2回) 、後藤2ラン(8回)

選手成績

打撃成績

                 
打順 位置 選手名 打数 安打 打点 盗塁
1 (二)大 城 4 1 0 0
  -二 廣 澤 1 0 0 0
2 (一)T-岡田 4 1 0 0
  -走左 小 島 1 0 0 0
3 (左)吉田正 2 0 0 0
  -右 杉 本 2 0 0 0
4 (右)ジョーンズ 3 2 0 0
  -走左 根 本 0 0 0 0
  -打一 伏 見 2 0 0 0
5 (指)ロドリゲス 4 1 1 0
6 (三)勝 俣 3 0 0 0
7 (遊)太 田 3 1 2 0
8 (捕)松井雅 2 0 0 0
  -打捕 若 月 2 2 1 0
9 (中)後 藤 3 1 2 0

投手成績

選手名 投球回 球数 被安打 三振 失点 
田 嶋 3 69 7 2 4
鈴 木 2 30 0 1 0
吉田一 1 11 1 0 0
澤 田 1 22 1 2 3
海 田 1 23 2 1 1
ディクソン 1 19 2 0 2

ゲームレポート

京セラドーム大阪にて練習試合が行われました。
打線は2回、この日ショートでスタメンに入った太田が、無死1塁から低めのストレートを振り抜き、レフトスタンドへ2ランHRを放ち先制。

一方、バファローズ先発は左のエース候補田嶋大樹。田嶋は不運なヒットなどもあり、初回いきなり無死満塁のピンチを招くが、2者連続三振を奪うなど驚異的な粘りを見せ無失点で切り抜ける。田嶋は3回に逆転を許すものの、2回は三者凡退に抑えるなど、課題も見つかったが、収穫も多いにあった登板となった。

なんとか逆転したいバファローズ打線は6回、1死からジョーンズ、ロドリゲスの連続2BHで1点を返す。その後2死1、3塁とチャンスを広げ代打若月の同点タイムリーで試合を振り出しに戻した。

その後中継ぎ陣が打たれ、試合は6-10で敗れはしたものの、この試合、打撃好調の若月がタイムリーを含む2安打、レギュラー奪取に燃える後藤はHRを放ち、4番大本命のジョーンズが2BHを含む2安打を放つなど、打撃陣が開幕へ向けて調子を上げてきた!

◇ 西村 徳文 監督
「田嶋は2回まではよかったんだけどね。3回は抑えようと力を入れすぎたんじゃないかな。鈴木優は前回の登板で頭に当ててしまっていたけど、しっかり腕も振れていたし、切り替えて投げられていたと思う。太田はまっすぐに対していいスイングをかけられているね。ジョーンズは実績もある選手。どうやって上げていけばいいか分かっていると思う。駿太は守備もいいし、バッティングの状態もいいね。」

◇ 田嶋 大樹 投手
<先発3回を7安打、4失点>
「今日は真っすぐでファールや空振りがあまり取れていなかったと思います。(3回の場面)打たれたボールはコースには投げられていたと思いますが、球の勢いが足りませんでした。やっぱり自分の持ち味は真っすぐだと思いますし、そういった部分をしっかりと修正していかなければいけないと思います。」

◇ 太田 椋 選手
<2回、無死1塁からレフトスタンドへ先制2ランHRを放つ!>
「打ったのはストレートです。なんとか後ろのバッターにつないでいこうと思って打席に入っていました。追い込まれていましたが、しっかりと捉えることが出来ました!」

山岡投手
先制アーチを放った太田選手!
若月選手
2イニングを無失点に封じた鈴木投手!
比嘉投手
後藤選手は8回に追撃の一発を放つ!
松井佑選手
6回にタイムリーとなる長打を放ったロドリゲス選手!
太田選手
ジョーンズ選手は2安打の活躍!
増井投手
絶好調!マルチ安打の若月選手!