2012/10/08(月)チーム

西勇輝投手、史上76人目のノーヒットノーラン達成!

2012年シーズンの最終戦である、10月8日(月)福岡ソフトバンクホークス戦にて、西勇輝投手が、プロ野球史上76人目(87度目)の快挙となるノーヒットノーランを達成しました!試合後に快挙達成の記者会見が行われました。

■10月8日(月)福岡ソフトバンクホークス戦の試合結果・速報について
試合結果・速報はこちら!

■BsTVでは西勇輝投手コメントを動画を公開中!
西勇輝投手会見動画はこちら

■西投手ノーヒットノーラン達成記念商品発売&イベント開催!
詳しくはこちら!

Q.ノーヒットノーランの達成おめでとうございます!達成直後は、喜びいっぱいというよりは、ご自身でもビックリといった感じに見受けられましたが?

小久保さんの引退試合だったので、素直に喜んでいいのか分からず・・・。でも『やった!』という感じでしたね。

Q.史上76人目の快挙です!歴史に名前を刻まれたわけですが?

素直に嬉しいですね!

Q.アマチュア時代を含めて、ノーヒットノーランの経験は?

少年野球で2回と高校時代に1回の3回ありました。今回はグラウンドで花束を受け取って、嬉しかったです。なんか“プロ野球”って感じがしました(笑)

Q.109球での達成です。抑えた内訳は三振が9、内野ゴロが12、内外野へのフライがそれぞれ3。内野ゴロが多かったことが特徴的ですが?

試合前からゴロを打たせるピッチング心がけていたので、その結果がこうして出たので本当によかったですね。

Q.どのあたりから意識されたのでしょうか?

6回ぐらいのときに、『これは完封できるんじゃないか?』とは考えていました。7・8回はそれほど意識していませんでしたけれど、9回にマウンドにあがるときは、若干意識してしまいましたね。

Q.ヒヤッとする打球はありませんでしたか?

多村さんに打たれたセカンドライナーがあぶなかったんですが、安達さんに取ってもらえてよかったです。

Q.球種的には何がよかったのでしょうか?

全体的に抑えて取れる球がいくつかあって、ピッチング的にも、キャッチャーのリードもすごく楽に投げられて、コントロールもよかったです。

Q.5回の松中選手への四球が悔やまれますね?

スライダーだったんですけれど、若干外れてしまって、しょうがないですね。そこからは完封をねらって投げていました。

Q.今季は故障もあって、シーズン途中に登録抹消もありました。今日が復帰3戦目で、ご自身も色々な想いがあったと思いますが?

前回の登板で、野手の皆さんに迷惑をかけてしまって、すごく申し訳ないと思っていたので、この1週間はしっかり走りこんで切り替えて、自分らしいピッチングをしようと試合に臨みました。

Q.今日は小久保選手の引退セレモニーも控えているということで、いつもとは違った空気もあったと思いますが?

だからノーヒットノーランができたのかも知れないですね。みんなが小久保さんの引退のことを意識されていて、僕のことは誰も意識していなかったと思うので、その分楽にいけました。

Q.指名打者制のパ・リーグ同士の試合では、2000年のエルビラ投手(近鉄)以来。日本人投手では、1996年の渡辺久投手(現西武監督)以来。オリックスでは1995年の佐藤義投手依頼、本当にすごいことをやってのけましたね?

まだ実感はありませんが・・・。自分が5歳のときの出来事なので、なんともいえないですね。

Q.達成された瞬間は、キャッチャーの伊藤光捕手が泣いていたように見えましたが?

そうなんですよ。普通は僕が泣くところなんですが、光さんが泣いていたので、『大丈夫?』とは言っておきました(笑)

Q.ファンに皆さまにとっても最終戦で大きな勇気をもらったと思います。改めてファンの皆さまにメッセージを!

今シーズンは6位という不甲斐ない成績でしたけれど、最後はこうやってチームが明るくなって、勝っていけたので、来シーズンはクライマックスに進出できるようなチームになりたいと思います。自分は今季ケガをしてしまったので、このオフにケアをして、来年はローテーションをしっかり守って、皆さんに信頼をされるようなピッチャーになりたいと思います。応援よろしくお願いいたします!

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる