• 近鉄バファローズ
  • 近鉄バファローズ
  • 球団の歴史
  • ユニフォームの変遷
  • 背番号の変遷
  • 当時の順位表
  • 当時の選手・監督
  • 球団の歴史
  • ユニフォームの変遷
  • 背番号の変遷
  • 当時の順位表
  • 当時の選手・監督

70年代の阪急ブレーブスユニフォームの変遷です。

1960年代の阪急ブレーブスにはタテジマの球団というイメージがあった。もともと戦前から紺地に白いタテジマの入ったユニフォームは何度か使っていたのだが、ホーム用の白地にタテジマのユニフォームを採用したのは昭和37(1962)年からである。

戦前の昭和11(1936)年にスタートした現在のプロ野球機構創設メンバーであったが、長きにわたって優勝経験のないチームだった。初優勝を飾るのは昭和42(1967)年。このときのユニフォームがタテジマだった。やはり優勝、ましてや初優勝ともなると、そのときのユニフォームは印象に残る。

そして60年代最後の年の昭和44(1969)年。オールスター戦あけに、阪急ブレーブスはユニフォームのデザインをマイナーチェンジした。ホーム用のタテジマユニフォームの左袖にはアルファベットでHANKYUの文字が入り、ビジター用は胸マークの文字が一回り太くなった。

翌昭和45(1970)年には、ホーム用がさらにマイナーチェンジ。袖とパンツのサイドに、ビジター用ユニフォームですでに使用されていたオレンジを黒が挟むラインが採用されている。

昭和44年に続いて、このユニフォームを着用していた昭和46(1971)年にもチームは優勝を飾る。しかし残念ながらタテジマ・ユニフォームでの二度の優勝では、日本シリーズでV9に突き進む読売ジャイアンツが立ちふさがり、日本一には到達しなかった。

そして昭和47(1972)年、ベルトレスのユニフォームが登場し、ブレーブスのタテジマ・ユニフォームの歴史は幕を閉じた。

文:綱島理友  絵:綿谷 寛
発行:ベースボール・マガジン社

野球のユニフォームの歴史に大きな転換をもたらしたのが、1960年代の後半に登場したニットという素材である。それまでの綿、ウールと違って伸縮性に富む化学繊維と綿の混紡で作られたこの素材は、野球ユニフォームのスタイルを大きく変えた。

ベルトなしのベルトレスというスタイルが考案されシルエットは体にピッタリしたスリムな形となり、鮮やかな色付けも可能となったためカラーユニフォームも登場するようになった。

ベルトレスの野球ユニフォームが登場したのは1970年で、大リーグのピッツバーグ・パイレーツがはじめて採用した。このあとベルトレスはメジャー各球団に瞬く間に広がり、昭和46(1971)年秋の日米野球で来日したポルチモア・オリオールズのユニフォームもベルトレスだった。

翌昭和47(1972)年、日本でも阪急ブレーブス、南海ホークス、東映フライヤーズのパ・リーグ3球団が、最新モードのベルトレスのユニフォームを採用する。

阪急ブレーブスでユニフォームのベルトレス化を推進したのは当時の渓間代表だった。
「オリオールズのユニフォームからヒントを得たが、日本人の体格に合うようにいろいろ研究をして出来上がったもので、ブレーブス独自の格調あるユニフォーム」と代表自らが当時こう語っている。

このユニフォームは3月26日、姫路球場で行なわれた読売ジャイアンツとのオープン戦で初登場した。そしてこの年もブレーブスはパ・リーグで優勝を飾る。1970年代の強いブレーブスの戦闘服はこの形で決まりとなった。

文:綱島理友  絵:綿谷 寛
発行:ベースボール・マガジン社

背中に選手のネームをつけるというスタイルが、日本の各球団に浸透したのは1970年代である。1970年代後半には、全球団が背ネームの装着を完了した。しかし日本球界における背ネームで、特徴的だったチームといえば、それは阪急ブレーブスだろう。

現在、一般的に使用されているローマ字はヘボン式ローマ字だが、当初阪急ブレーブスは訓令式ローマ字を採用していた。英語の表記に近いヘボン式に対し、訓令式は文部省が制定した日本語が元になったローマ字。

これを使うと「オー」と伸ばす発音はOの上に横棒が入る。KATŌ、SATŌ、ŌKUMAという具合に、「オー」という発音を内蔵する苗字の選手の背中には、横棒つきの「Ō」が入っていた。

ただし中には訓令式から逸脱していたケースもあった。たとえば「フ」は訓令式では「HU」なのだが、福本選手は「HUKUMOTO」ではなく、「FUKUMOTO」となっていた。「フ」を「FU」と表記するのはヘボン式である。

訓令式背ネームがはじめて登場したのは昭和52(1977)年の5月末あたり。ちょうど夏用ユニフォームとの衣替えの時期である。これは背中のネーム採用としては、かなり後発で、すでに多くの他球団では現在と同じヘボン式が採用されていた。

イラストは加藤英司選手着用のユニフォームだが、H・KATŌの、「・」もなかなか味である。

文:綱島理友  絵:綿谷 寛
発行:ベースボール・マガジン社

ページトップへ戻る

写真・原稿・協力/ベースボール・マガジン社