• 近鉄バファローズ
  • 近鉄バファローズ
  • 球団の歴史
  • ユニフォームの変遷
  • 背番号の変遷
  • 当時の順位表
  • 当時の選手・監督
  • 阪急ブレーブス
  • 阪急ブレーブス
  • 球団の歴史
  • ユニフォームの変遷
  • 背番号の変遷
  • 当時の順位表
  • 当時の選手・監督

70年代の近鉄バファローズユニフォームの変遷です。

岩本義行監督就任2年目の昭和41(1966)年、近鉄バファローズのユニフォームのモデルチェンジが行なわれた。

当時の資料によると、参考にしたのはロサンゼルス・ドジャースのユニフォームで、それまで袖やパンツに入っていたラインが廃止され、Buffaloesの胸マークもドジャースを参考に筆記体風の形にあたらめられた。そしてストッキングは黒と柿色の縞で、こちらはボストン・レッドソックスのスタイルを取り入れたという。

ラインがないため高校野球のユニフォームのような、非常にシンプルな印象となった。

このシンプル・ユニフォーム、実はデザイン的に見ると、3期に分かれている。

まず登場した昭和41年から翌昭和42(1967)年までが1期。昭和41年というのは鈴木啓示投手が入団した年で、この時期のユニフォームは背番号が角張っていた。

つづいて昭和43(1968)年から昭和48(1973)年前期までが第2期となる。昭和43年は西鉄ライオンズ、大洋ホエールズを優勝に導き、知将、魔術師と呼ばれた三原脩監督就任の年で、このときからホーム用の背番号の角が取れて丸い感じになる。

そして最後が昭和48(1973)年の後期だけに使われたユニフォームで、首周りやパンツのサイドなどに紺と赤のラインが入っていた。この翌年から赤いラグランスリーブのユニフォームが登場するので、ライン入りはわずか数ヶ月しか使われなかった幻のユニフォームである。

上のイラストは第2期のユニフォームを描いている。

このユニフォームで印象深い選手というと、やはり鈴木啓示、太田幸司両投手あたりかと思うのだが、鈴木投手の背番号は1。微妙な形を分かりやすくするため、イラストは太田投手の18番で描いている。

文:綱島理友  絵:綿谷 寛
発行:ベースボール・マガジン社

近鉄バファローズのユニフォームといえば、まずは昭和49(1974)年から平成9(1997)年まで使用された赤いラグランスリーブを挙げる人は多い。そしてその次はというと、その前の昭和41(1966)年から昭和48(1973)年まで使用されたシンプルなセットインのラインなしユニフォームあたりだろうか。

一般にバファローズのユニフォームはラインのないシンプルなセットインから、いきなり赤いラグランへと移行したと思われているところがある。

ところがその間に一点、幻のユニフォームが存在する。

カテゴリーとしてはシンプルなセットインのラインなしユニフォームの仲間なのだが、このユニフォームには赤と紺のラインがついていた。使用期間は昭和48年の後期のみ。

昭和48年というのは、太平洋クラブライオンズと日拓ホームフライヤーズというふたつの球団がパ・リーグに誕生した年だった。ライオンズは真っ赤なユニフォームを採用し、フライヤーズも後期にカラフルな七種類のユニフォームを採用している。その他、阪急ブレーブス、南海ホークスもベルトレスのユニフォームを使用していたし、ロッテオリオンズもベルトつきではあったが、ダブルニットの色鮮やかなユニフォームを使っていた。

そんな中でバファローズのシンプルなユニフォームは極端に地味に見えた。そこで、とりあえずの応急処置として、ラインでもつけて少しでも派手にしようと考えたのかもしれない。

翌昭和49(1974)年には、ついにバファローズも赤いラグランスリーブのユニフォームを採用。遅ればせながら、派手ユニフォームの仲間入りを果たした。

文:綱島理友  絵:綿谷 寛
発行:ベースボール・マガジン社

昭和49(1974)年、近鉄バファローズに待望の新ユニフォームが登場した。前年の昭和48(1973)年の後期、それまでラインのないシンプルなユニフォームをマイナーチェンジ。袖口やパンツのサイドなどにラインを装着した。

しかし当時はビビットな色付けが可能で伸縮性もある新素材のニットを使用したユニフォームの全盛時代。各球団が派手なユニフォームを採用する中で、その程度の変更では、大きなイメージチェンジにはならなかった。

そこでバファローズは全面的なデザインの変更にふみきる。新ユニフォームの参考にしたのが、当時の大リーグ、アトランタ・ブレーブスが1972年から使用していたユニフォームだ。この時代、ブレーブスには、ホームラン世界記録のハンク・アーロン選手が在籍していた。彼はよく来日し王貞治選手と日米野球のアトラクションなどで、ホームラン競争を行ったりしていた。

そのためアーロンの着用していたユニフォームは日本の野球ファンにもお馴染みだったのだ。

ただしバファローズは袖の色にブルーではなく赤を採用する。当時の西本幸雄監督がチームのキャッチフレーズとして打ち出していたのが「燃える野球」。燃える色と言えば赤しかない。

このユニフォームは使用期間が長く、大阪ドーム本拠地移転直前の平成8(1996)年まで使用されていた。その期間はなんと23年間にも及んでいる。そのためマイナーチェンジが繰り返されてきた。イラストは昭和49年から昭和52(1977)年までのパンツがベルトレスだった時期を描いている。

文:綱島理友  絵:綿谷 寛
発行:ベースボール・マガジン社

昭和53(1978)年、近鉄バファローズのユニフォームのデザインがマイナーチェンジした。この年最初のマイナーチェンジは、パンツがベルトレスからベルト式に変更されたことである。1970年代に一世を風靡したベルトレスだが、選手には「ヒモで締めるベルトレスは気合が入らない」とか「落ち着かない」など評判はよくなかった。

そこでバファローズはユニフォームのデザインはそのままに、ベルト部分だけを変更する。ただし、この変更に気がついたファンは少なかったと思われる。なにしろ、採用されたベルト式は、ループ部分が切れ目なく一周して、開いているのはベルトを締める前の部分だけ。横から見たらほとんどベルトレスと変わらない。

ファンの多くが変化に気がついたのは、ベルトより帽子が変わったときだったのではないかと思われる。

ベルト式が導入されたその年の後期、フロント部分が白で、サイドと庇が赤、後方が紺色のトリコロールの帽子を採用した。参考にしたのは1969年にアメリカのナショナル・リーグに誕生したモントリオール・エキスポズのトリコロールの帽子だった。ただしエキスポズとは、若干、生地の使い方が違っていた。エキスポズの帽子は、本体を構成する6枚の生地を、前面2枚は白、両サイドは赤、後方の2枚はブルーという形で作られていた。

一方、バファローズは両サイドと後方は同じだが、前面2枚はブルーで、その上から半円形の白い生地が貼りつけられている。

実はコレ、帽子マークの刺繍を楽に行うための工夫であった。なにしろ「KINTETSU BUFFALOES」というフルーネームと猛牛マークを組み合わせた複雑なデザイン。帽子に直接刺繍するのは難しかった。

文:綱島理友  絵:綿谷 寛
発行:ベースボール・マガジン社

ページトップへ戻る

写真・原稿・協力/ベースボール・マガジン社