契約更改

契約更改情報 11月22日(水)

齋藤 綱記 投手

コメント:
今シーズンはケガなく過ごしたかったのですが、背中を痛めてしまったので、その影響で登板機会も減ってしまい悔いが残りました。
来年ファームでしっかり結果を出して、一軍の戦力になってほしいといわれました。
秋のキャンプからサイドスローにチャレンジしています。サイドスローへの挑戦は、この世界で生き残るために自分で決断しました。シートバッティングにも投げさせてもらいましたが、これまでと打者の反応も違いました。左のサイドからだと多少甘く入っても、きれいな踏み込み方はされないと思うので、球威も上げつつコントロールも重視していきたいと思います。
比嘉さんを左投げにしたようなピッチャーをめざしたいです。柳田さん(ホークス)など左の強打者を抑えられるようになりたいと思います。

齋藤 綱記 投手のプロフィールはこちら

戸田 亮 投手

今シーズンは最後の方に、自分としても手応えを感じる投球ができ、結果も出せていました。来シーズンもチャンスをいただけたので、今年の経験を活かせるようなシーズンにしたいと思います。
球団からは来年で6年目に突入するので、今年の終盤のようなピッチングをして、早く支配下に上がって一軍の戦力になってほしいと言っていただきました。
酒井コーチや小林コーチ、小松コーチらと一緒になって取り組んできたことが自分のカタチになってきたと感じています。
オフは舞洲と(出身である)JR東日本の方でしっかりとトレーニングしたいと思います。

戸田 亮 投手のプロフィールはこちら

飯田 大祐 選手

コメント:
(ルーキーイヤーの)今シーズンはキャンプから環境に慣れるのに必死で、精神的にも大変でしたし、技術に関しても体力に関してもまだまだ力不足だと強く感じた1年でした。
シーズンの最後に一軍の試合に出ることができたので、その経験を活かして、来年はシーズンを通して一軍の戦力として戦っていけるようにやっていきたいと思います。
レギュラーはひとつしかありませんし、今は若月をはじめ、光さん(伊藤)、勝己さん(山崎)らには経験で劣ってしまいますので、そこにしっかりと割り込めるように、自分の中で武器をつくっていかなければいけないと感じています。自分では守備を評価されてプロに入ってこられたと思っていますので、そこの安定感を磨いていきたいと思います。
すべてにおいてレベルアップしなければならないので、自分の中でやるべきことを明確にして、春のキャンプインにはしっかりと体をつくって入っていきたいと思います。

飯田 大祐 選手のプロフィールはこちら

吉田 雄人 選手

コメント:
少しの自信を抱きながらスタートした1年だったのですが、また新たな大きな壁を感じた1年でもありました。自分の状態が良くても結果が出ず、相手をしっかりと研究して対応していかなければ結果が出ない世界だと改めて痛感しました。
球団からは開幕一軍に入れたことを評価していただいたので、それを来季も続けられるよう、全体的なパワーアップを図っていきたいと思います。
秋季練習から少しずつ体重も増加してきているので、春のキャンプインにはもっと大きくなってスタートしていきたいと思います。
来季もまだまだアピールをしないといけない立場ですので、春のキャンプでしっかりとアピールして、開幕一軍入りできるように、その後試合にも出られるようにやっていきたいと思います。

吉田 雄人 選手のプロフィールはこちら

園部 聡 選手

コメント:
今シーズンは色々取り組んで上手くいかなかったことが多かったですが、自分の中では引き出しが増えたとプラスに捉えて、来年活躍するために、今後も取り組んでいきたいと思います。
球団からは長打力が魅力なので、それを試合で発揮してほしいといわれました。
途中から参加できた高知キャンプでは、いい感じでバッティング練習もできていたので、オフも継続して、春のキャンプからいい打球を飛ばせるようにやっていきたいと思います。
キャンプなどを通じてランニングやウエイトトレーニングをしっかりやることで、筋肉量も徐々に増えていっています。オフは舞洲で体調管理や練習をしっかりやりたいと思います。

園部 聡 選手のプロフィールはこちら

坂本 一将 選手

コメント:
ひたむきさと全力プレーが、他の選手にもいい影響を与えていると評価されました。これからも続けていきたいと思います。この小さな体なので、全力でやらないと他の選手にも勝てませんし、昔から心がけていたことなので、そこを見ていていただけたのが嬉しかったです。
守備ではシーズンを通じてノーエラーだったので、それは続けていきたいと思います。自分の課題はバッティングです。走力を活かすためにも、塁に出ないと始まりませんから。とにかくバッティングを重点的に向上させていきたいです。
秋のキャンプなどでは、福良監督や西村ヘッドコーチが付きっ切りで練習を見ていただけたので、自分でも分かるぐらいに変わってきました。まだまだ成長できると感じました。
掴みかけている感覚や手応えを忘れないように、オフも休みなく練習していきます。

坂本 一将 選手のプロフィールはこちら