契約更改

契約更改情報 12月2日(水)

大下誠一郎選手

コメント:
球団からは、育成で入って支配下を掴みとって、本当によく頑張ってくれたと言っていただきました。
入団した時は右も左もわからず、苦しい日々が続いていましたが、何とか這い上がってやろうと思ってやっていました。初打席で初ホームランを打った時は、今までやってきたことが間違いじゃなかったと思えました。
来シーズンは絶対にサードのレギュラーを取ります。チームとしては必ず日本一になって中嶋監督を胴上げします!
自分の調子に関係なく、常にチームに元気を与え、背中で引っ張っていきますので、来年も応援よろしくお願いします。

≫大下誠一郎 選手のプロフィールはこちら

村西良太投手

コメント:
今シーズンは悔しい思いしかしていないです。
肘の手術もしましたが、経過は順調なので、来年のキャンプからしっかりアピールできるようにやっていきたいと思います。来シーズン、先発でリベンジしたい気持ちもありますが、与えられた場所でしっかりと結果を残せるように頑張っていきます。

≫村西良太 投手のプロフィールはこちら

宮城大弥投手

コメント:
今シーズンは2軍できっちり成績をおさめるという目標をクリアし、ケガなく1年を締めくくれたというのは良かったと思います。1軍で1勝できたことは自分の自信になり、ファームやフェニックスなどで登板する時は緊張せずに投げる事ができました。
1軍で3試合に登板させていただきましたが、制球力がないと長いイニングは投げる事ができないと感じたので、制球力を上げる為にキャッチボールから感覚を掴めるように取り組んでいきたいと思います。
来年は1軍に定着するため、真っ直ぐの強さを維持しながら他の変化球の精度を上げていけるように頑張ります。

≫宮城大弥 投手のプロフィールはこちら

本田仁海投手

コメント:
今シーズンは、初めて1軍で投げさせていただいたのですが、ファームでは抑えられた球も1軍では通用しない部分がありました。9月には新たに3つの球種を増やし、投球に幅を持たせることができました。この新しい球種に加え、自信のあるストレートにも磨きをかけ、来シーズンは1軍で勝てるように頑張ります!

≫本田仁海 投手のプロフィールはこちら

神戸文也投手

コメント:
開幕から期待していただき、セットアッパーとして投げさせてもらったのですが、ケガもあり、自分の思うような投球ができず悔しいシーズンになってしまいました。
オフは自分の体を見つめなおし、柔軟性や可動域を広げてケガをしにくい体作りをしていきたいと思います。来シーズンこそチームの戦力として1試合でも多く投げられるように頑張っていきます。

≫神戸文也 投手のプロフィールはこちら

勝俣翔貴選手

コメント:
全く結果を残すことができず、悔しいシーズンになってしまいました。
強いスイングはできていたと思いますが、気持ちが先走ってしまい、力の入りすぎた打席が多くなってしまいました。来シーズンは三振を減らすことと共に、意味のある打席を増やし、シーズンを通して1軍の戦力になれるように頑張ります。

≫勝俣翔貴 選手のプロフィールはこちら

太田椋選手

コメント:
球団からはケガなく、もっとチームのために活躍してほしいと言っていただきました。
今シーズン初打席でホームランを打つことができて、気持ち的に安心することができました。そこから状態が落ちてしまいましたが、2回目に1軍に上がってからは自分のイメージした打撃ができたと思います。常に1球で仕留めるイメージでやってきて、それが少しずつできてきていますが、まだまだ三振の数が多いので、追い込まれてからの対応などを課題にオフの練習に取り組んでいきたいと思います。来シーズンは規定打席に到達して、チームに貢献できるように頑張ります。

≫太田椋 選手のプロフィールはこちら

宜保翔選手

コメント:
今シーズンはケガで出遅れてしまい。苦しいシーズンになってしまいました。
シーズン終盤には1軍にあげていただきましたが、内容的に納得できるものではありませんでした。シーズンオフは体づくりをメインに、スピードを維持しつつパワーをつけていきたいと思います。来シーズンは開幕からどんどん打って、今年と違った自分を見せられるように頑張っていきます。試合に出られたらどこでもいいですが、セカンドとショートは自信があるので、しっかりと狙っていきます!

≫宜保翔 選手のプロフィールはこちら

紅林弘太郎選手

コメント:
シーズン終盤ではありましたが、1軍でプロ初ヒットを打つことができ、とてもいい経験をさせていただきました。ただ、シーズン途中では疲れなどで自分のスイングができなかった時期もあり課題を感じることもありました。
このオフは1年間しっかり戦い抜ける体づくりをテーマに舞洲でみっちりトレーニングしていきたいと思います。来シーズンは開幕1軍を目指して、ショートのポジションを勝ちとれるように頑張っていきます!

≫紅林弘太郎 選手のプロフィールはこちら