契約更改

契約更改情報 12月3日(木)

鈴木優投手

コメント:
今年は、1軍でたくさん投げさせてもらい、その中でも通用して自信になった部分もありました。しかし、それと同じくらいの課題も見つかったシーズンになったと思います。このオフになんとかその課題をつぶして、先発だったら勝てるように、リリーフだったら勝ち試合に投げられるようにしていきたいです。
自信になったところは、ストライクを先行することができたら空振りも取れますし、去年は“通用するだろう”と思っていたところが今年は“通用する”と言えるようになったことです。
課題はまだまだボールを扱えないことが目立ってしまったことです。調子が悪くても打者としっかりと対戦できるようにしなければいけないと思います。
来年は、1軍でスタートし、1軍で終われるようなシーズンにしたいです。与えられたポジションで1軍でシーズンを完走できるようにがんばります。

≫鈴木優 投手のプロフィールはこちら

漆原大晟投手

コメント:
今年はキャンプから支配下登録して頂き、1軍での登板など自分自身成長できたと思える1年でした。
ただ課題が多く見えた1年でもありました。
右、左関係なく打者のインコースに投げ切ることが一番だと思うので、インコースの精度は来年までに高めたいと思います。
1軍の試合であれば、打者有利のカウントだと自分が思い切って投げる事ができないので、大事な場面やピンチの場面でも、自分の有利なカウントにもっていき、思い切ってここ一番の投球ができるように頑張りたいと思います。
オフは柔軟や可動域を広くするようなトレーニングを中心に、1年間ケガをしない体づくりをしていきたいと思います。

≫漆原大晟 投手のプロフィールはこちら

頓宮裕真選手

コメント:
今シーズンはケガをしてしまいましたが後半にキャッチャーとして試合に出場することができ、打撃でも手ごたえがあったので、次につながるシーズンになりました。
打撃ではゆっくりとタイミングをとって振り過ぎないよう心掛けていました。
やっと自分のタイミングで振る感覚がつかめてきたと思います。
来年はずっと1軍にいてしっかりレギュラーで出場できるようにしたいと思います。

≫頓宮裕真 選手のプロフィールはこちら

山崎颯一郎投手

コメント:
来シーズンより、支配下選手として契約していただきました。
昨年、一年半は投げられないと言われていましたが、覚悟して手術をしました。
投げられない期間、同級生たちが1軍で活躍している姿を悔しいと思って見ていました。
その気持ちを練習にぶつけてリハビリをがんばっていました。
10月に実戦復帰できて、スピードも出るようになりましたし、投げる感覚もいいです。自分ではまだまだよくなる感じはしています。
それに合わせて、変化球の精度も上げていきたいです。
このオフは、来年のキャンプインの時に100%でいけるよう、身体のケアをしながら練習していきます。
今年は、リハビリでチーム戦力になれませんでしたが、来年は与えられたポジションで戦力になれるようにしっかりとがんばります。

≫山崎颯一郎 投手のプロフィールはこちら

竹安大知投手

コメント:
今シーズン、手術明けだったので、開幕からは投げられないのはわかっていたのですが、全体的にみても自分の思うように投げられず、悔しいシーズンになってしまいました。
今までシーズンオフは一人でやってきたのですが、今年はトレーナーさんに見てもらいながらやっていこうと思います。体力面の向上はもちろんのこと、肩肘のコンディショニングもしっかりと整え、新しいことを吸収できたらと考えています。
来シーズンは1年間先発ローテーションでまわれるように頑張っていきます!

≫竹安大知 投手のプロフィールはこちら

佐野皓大選手

コメント:
今シーズン、目標であった20盗塁は達成できましたが、チームが最下位に終わり、悔しいシーズンになってしまいました。
体力のなさも痛感したので、オフに初動負荷のトレーニングを中心に行い、今の100%を80%でできるような体作りをしていきたいと思います。
来シーズンはレギュラーを奪取して、出塁率4割、40盗塁を目標に頑張っていきます!

≫佐野皓大 選手のプロフィールはこちら

廣澤伸哉選手

コメント:
今シーズン開幕を1軍で迎えることができましたが、バッティングで力負けしたり、守備でのまわりを見る力など、足りない部分が明確になったシーズンでもありました。
夏場には疲れからバッティングの状態が落ちてしまったりもしたので、オフに体づくりをしっかりして、年間を通していいパフォーマンスが出せるようにやっていきたいです。
来シーズンはすべてにおいてレベルアップをして、1軍に定着できるように頑張ります!

≫廣澤伸哉 選手のプロフィールはこちら

吉田凌投手

コメント:
今シーズン、調子の波も少なく、ケガなく1年間しっかりとやれたことがいい結果につながってくれたと思います。
今年からシュートを投げ始めたのですが、長打のある外国人選手に対して、追い込んでからもきっちりと投げ切ることができましたし、自信を持つことができました。
オフには、変化球をさらに活かすという意味で、両サイドへのストレートに磨きをかけたいと思っています。
来シーズンは50試合登板を目標に、チームの勝利に貢献できるように頑張っていきます!

≫吉田凌 投手のプロフィールはこちら