契約更改

契約更改情報 12月7日(火)

宮城 大弥 投手

コメント:
シーズン前半は何も考えず投げる事ができ良い投球ができましたが後半は自分で勝手に勝たなければいけないと色々考えてしまい納得がいく投球ができませんでした。
オフに多くの経験をしている先輩たちに色々聞きながら自分の答えを見つけることが出来ればと思います。
来年は防御率に拘りたいと思います。そこが上がるともっと良い投手になると思うのでタイトルを取れるように頑張りたいと思います。
日本シリーズを楽しんで投げる事ができたのでその良い経験を来年活かせるように頑張っていきたいと思います。

≫宮城 大弥 投手のプロフィールはこちら

松井 雅人 選手

コメント:
チームとしては優勝ができて良かったなと思います。
ただ個人としては良いシーズンではなかったかなと思います。
プロ野球選手として試合に出て活躍する事が大前提だと思いますが今年は試合出場が少なくベンチやファームにいる事が多かったので違う角度から野球をみたり、後輩とコミュニケーションをとる事が多く出来たのでそれは良い経験になりました。
若い選手が多いチームなので若手が元気にのびのびできる環境を自分たちベテランが作ることも大事だと思っています。
オフは例年同様体を鍛えて1年間戦えるようにしたいと思います。

≫松井 雅人 選手のプロフィールはこちら

竹安 大知 投手

コメント:
怪我なくシーズンを終える事が出来たことはとても良かったです。
オリックスに来て新しいトレーニングなど取り組んできた事が良い方向に繋がったかなと思います。
今年は良いピッチングができた試合もありますが良くないピッチングの試合の方が多かったシーズンでした。
決め球のフォークが上手く落ちず、真っ直ぐや変化球が生きなかった事が原因かなと思います。
一昨年が一番フォークのイメージが良かったので、来年はそれに近づけたいと思います。
中継ぎ、先発どちらでも任されたところで精一杯投げたいと思います。

≫竹安 大知 投手のプロフィールはこちら

山崎 颯一郎 投手

コメント:
今年はシーズンの後半からよく頑張ってくれたと球団から言って頂きました。
自分では1軍で投げる事ができ、真っ直ぐがある程度通用する事も分かったのでよい経験ができた1年だと思っています。
1人ではこのような結果がでなかったと思っているので周りのサポートをしてくれた方々に感謝しています。
ただはっきりとした決め球やコントロール、変化球の精度など課題も多く見つかりました。
来年は母が観戦に来てくれたタイミングで勝利を上がれていないので母が観戦に来たタイミングで勝利ができるように頑張りたいと思います。

≫山崎 颯一郎 投手のプロフィールはこちら

田嶋 大樹 投手

コメント:
シーズン後半は長いイニングを投げられましたが、途中までは早いイニングで降板して接戦を落としてしまうこともありました。
数字的に納得いくものはひとつもありませんが、1年間ケガなく投げ続けられたことは大きな収穫です。
オフは、体作りをしっかりとして、出力を上げていきたいと思っています。
来シーズンは今年以上の試合数を投げたいです。
ケガなく第一線で投げ続け、タイトルを獲れるように頑張っていきます。

≫田嶋 大樹 投手のプロフィールはこちら

西村 凌 選手

コメント:
今シーズン、技術的な部分で自分のやると決めたことを最後まで貫けたことはよかったと思います。
オフシーズンはすべての面でレベルアップできるように過ごしてきます。
2022年も結果を気にしすぎて窮屈にならないように、ブレずに最後までやりぬきたいと思います。

≫西村 凌 選手のプロフィールはこちら