2019/04/02(火)第1回戦

オリックス vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 3 1 0 3 0 2 2 0 11 12 0
  オリックス・バファローズ 0 0 1 0 3 0 0 0 0 4 11 3

18:00試合開始|京セラD大阪
第1回戦 0勝1敗0分|観客数:36,104人

打線が2桁安打も、投手陣が2桁失点で連敗

本拠地開幕セレモニーが行われた試合前の場内
2安打2得点の活躍、大城選手!
プロ入り初打席初安打を放った佐野選手!

北海道でのファイターズ3連戦を終え、今日から本拠地開幕カード、福岡ソフトバンクホークスを京セラドーム大阪に迎えての3連戦!

今季初勝利を賭けてマウンドに上った先発のアルバースだが、2回に4連打で3失点。続く3回には被弾するなど序盤だけで4失点。

打線は3回裏に2死3塁から西浦がセンター前にタイムリーヒットを放ち反撃に出たものの、アルバースは5回にも1発を浴び、5回7失点で降板となる。

点差を縮めていきたい打線は5回裏に無死1,2塁のチャンスで福田が右中間を破るタイムリー2ベースヒット!さらに西浦の内野ゴロでもう1点を返すと、メネセスが左中間へタイムリー2ベースヒットを放ち、再び3点差とする!

6回から継投に出たバファローズだが、7回は2つの失策が絡み、齋藤、比嘉と繋ぐも2失点。さらに8回には岩本も被弾するなど、11失点・・・。

試合には敗れたが、西浦、メネセスが好調を維持する4試合連続のヒット!福田、小田が2安打を放ち、大城は2安打がいずれも得点に絡む活躍を見せる!さらに投手から野手にコンバートした佐野が記念すべきプロ初安打を記録!明日は先発に転向した山本が登板!序盤から得点を奪って山本を援護し、明日こそ今季初勝利を手にしよう!

◇西村徳文監督

「アルバースはテンポも悪かったし、相手バッターのタイミングも外せていなかった。彼本来の姿ではなかった。3点を取った後のイニングでエラーも絡んでの失点が大きかった。原因を追究しなければいけない。正尚は、今は辛抱。なんとか状態を上げられるようにというところ。西浦は開幕からよくがんばってくれている。
ホーム開幕戦、なんとか勝ちたかったし、もっと内容のあるゲームをしなければいけなかった。なんとか明日、しっかりと締めて試合に挑みます。」

◇福田 周平 選手

無死1,2塁のチャンスで右中間へタイムリー2ベースヒットを放った福田選手!

<5回無死1、2塁から右中間を破るタイムリー2BHを放つ!>
「チャンスでしたし、とにかく自分のスイングをすることだけを心掛けました。タイムリーになってくれてよかったです。」

◇ジョーイ・メネセス選手

1死2塁のチャンスで左中間タイムリー2ベースヒットを放ったメネセス選手!

<5回1死2塁から左中間を破るタイムリー2BHを放つ!>
「しっかりとボールを叩くことを考えていたよ。なんとかランナーをかえすことができてよかった。これを続けていけるようにしたい。」

◇アンドリュー・アルバース 投手

先発のアルバース投手

<先発5回を被安打7、失点7>
「立ち上がりから、ボールをコントロールすることができなかった。なんとか立て直そうとしたんだけど、最後までリズムをつかむことができなかった。」