2020/06/20(土)第2回戦

オリックス vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2 5 0
  オリックス・バファローズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 11 1

14:00試合開始|京セラD大阪
第2回戦 0勝2敗0分

あと1本が遠く、延長10回に勝ち越しを許して連敗

吉田正選手は3安打の活躍!
1イニングをピシャリと3人で抑えた海田投手!
マルチ安打を放った若月選手!

楽天との開幕カード2戦目。打線は初回、期待の助っ人ロドリゲスがレフト前へ来日初ヒットを放つと、そこから2死1,3塁のチャンスを作り、中川がライト前へ先制のタイムリーヒット!3回には大物助っ人ジョーンズにも来日初ヒットが飛び出す!

初回を三者凡退に抑えるなど、3回まで被安打1と順調にE打線を封じる先発の田嶋だが、4回に連打で同点に追いつかれる。それでも5回に招いた2死1,3塁のピンチは無失点に抑え、5回1失点でリリーフ陣に後を託す!

勝ち越しを狙う打線だが、6回まで毎回得点圏へ走者を進めるも、なかなか得点を奪えない。それでも田嶋の後を継いだリリーフ陣は、山田、海田、神戸、比嘉、ディクソンと繋いでいき、相手打線の勝ち越しを許さない!

そして迎えた延長10回、この回からは7番手澤田が登板。2死1,2塁のピンチでE銀次のファーストへの強い打球を中川が逸らしてしまい、勝ち越しを許してしまう。

逆転サヨナラを狙うバファローズは、10回裏最後の攻撃で、代打・西村がセンター前ヒットで出塁!しかし後続が倒れるなど、再三の好機を活かせず、2連敗を喫した。

◇西村 徳文 監督

「これだけたくさんチャンスはあったわけですからね。なんとかあと一本というところですよね。終盤での守備のミス、バントミス、そういったところもしっかりとできなければいけない。
ジョーンズ、正尚あたりにヒットが出だしたことは大きいですね。あそこが打てば点も入ってくると思う。」

◇田嶋 大樹 投手

粘りのピッチングを見せた先発田嶋投手

<今季初先発のマウンドに上がり、5回1失点と粘りのピッチング!>
「調子自体も良かったですし、最低限ゲームを作ることが出来たところは良かったと思います。失点した場面、簡単に打たれてしまったところは反省しなければいけませんが、全体的にはテンポよく投げることが出来ていたと思います。」

◇アデルリン・ロドリゲス 選手

初回に来日初安打を放ったロドリゲス選手!

<1回1死から、レフトへ来日初安打を放つ!>
「打ったのはチェンジアップ。来日初安打を打つことが出来て、本当にうれしく思う!そのヒットが得点につながってくれてよかったよ!」

◇中川 圭太 選手

中川選手は初回に先制打を放つ!

<1回2死1,3塁から、今季自身初ヒットとなるライトへの先制タイムリーヒットを放つ!>
「打ったのは真っすぐです。まずは1本出したかったですし、チャンスだったので、いい形で先制することができてよかったです!」

◇アダム・ジョーンズ 選手

ジョーンズ選手は来日初安打を含む2安打の活躍!

<3回無死1塁から、レフトへ来日初安打を放つ!>
「打ったのはファストボール。ヒットが出てくれてよかったよ!神様に感謝したいね!」