2019/02/06(水)チケット

「ダイナミックプライシング」によるチケット販売のトライアル導入について

AIによる全シート対象「ダイナミックプライシング(価格変動制)」での
チケットをトライアル販売!

オリックス・バファローズでは、AI(人工知能)を取り入れた「ダイナミックプライシング(価格変動制)」によるチケット販売を、7月16日(火)オリックス対楽天戦(京セラドーム大阪)においてトライアルとして導入することとなりました。
「ダイナミックプライシング(価格変動制)」とは、試合日程、席種、市況、天候、個人の嗜好などに関するビッグデータ分析を基に試合ごとの需要予測を実施し、需要に応じたチケット価格の変更を自動的に行うことで、ファンの皆様のニーズに応じた『適正価格』で販売する仕組みです。
価格は、バファローズの過去の販売実績と販売期間中の実績を基に、三井物産株式会社とヤフー株式会社の合弁会社であるダイナミックプラス株式会社の独自の価格算出技術を活用し設定されます。
加えて今回、AIを活用した全シート対象の「ダイナミックプライシング(価格変動制)」による“1円単位”での価格設定は、日本プロ野球界初の試みとなります。
チケット価格は毎日更新され、詳細は「オリチケ」にてご確認いただけます。

「ダイナミックプライシング」によるチケット販売のトライアル導入について

対象試合日

7月16日(火)オリックス・バファローズ対東北楽天ゴールデンイーグルス(京セラドーム大阪)

チケット一覧へもどる ニュース一覧へもどる