2008/04/16(水)第5回戦

オリックス vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 1
  オリックス・バファローズ 1 0 0 0 1 0 0 0 X 2 3 0

18:00試合開始|京セラドーム
第5回戦 3勝2敗0分|曇り 18℃|観客数:10,703人

◆小松がプロ初完投・初完封は逃すも、チームの連敗を止める今季2勝目を挙げる!!◆

殊勲のバッテリー!

 今季最多の5連敗で借金6と苦しい戦いが続くBs。何とか連敗を脱出し巻き返しを図りたいところだ。
 まず先取点を奪い試合を優位に進めたいBsは、ホークス先発大隣の立ち上がりを攻め、この日3番に入った主砲ローズがセンターバックスクリーンに今季第5号となるソロHRを放ち、幸先よく1点を先制する!
 一方、前回登板した4月9日(H戦・ヤフーD)の試合で先発初勝利(5回1失点)を挙げた2年目右腕・小松が先発のマウンドに上がる。初回に先制点をもらった小松は、ホークスの強力打線に対し、立ち上がりからキレのあるストレートと緩いカーブ、そして得意のスライダーを低めに集め、走者を許すものの要所を締める投球で5回まで無失点(被安打3)に封じる!また、大学時代(国士舘大)からバッテリーを組むキャッチャーの辻も小松の持ち味を十分に引き出し、強打のホークス打線に的を絞らせない!
 小松の好投に何とか追加点をプレゼントしたい打線は、5回に濱中が四球を選ぶと、迎がキッチリ犠打を決め、1死2塁と追加点のチャンスを迎える。ここで、バッティングに苦しむ大引が3遊間を破る左前適時打を放ち、貴重な追加点を奪う!
 味方打線に大きな追加点をもらった先発の小松は、注意深く丁寧な投球を続け、5回から7回まで3イニング連続で3者凡退に切って取るなど、8回まで気迫の前面に出した投球で3塁を踏ませない快投を続ける!すると、プロ入り初完投・初完封を目指し、最終回のマウンドに上がった小松は、仲澤・多村を連続三振に切って取り、簡単に2死まで漕ぎ着ける。しかし、この後松中・小久保に連続ヒットを浴び、2死1・3塁とピンチを広げたところで無念の降板。マウンドを守護神の加藤(大)に委ねる。今季チーム初の完封勝利を託された加藤(大)だったが、続く柴原に中前適時打を浴び1点差まで追い上げられる。しかし、ここは続く松田を何とか打ち取り、接戦を逃げ切った!プロ2度目の先発となった小松の好投で連敗を脱出し、明日からの試合に大きな弾みをつけた!!

小松 聖 投手 <プロ初完封・初完投は逃すも、連敗を止める今季2勝目!!>

ヒーローインタビューを受ける小松投手

「今日は、"本拠地で勝利投手になりたい"という強い気持ちで投げました。野球の神様がまだ完封は早いと言っているので、また次回頑張りたいと思います。今日は先頭バッターを塁に出さないように心掛けていました。立ち上がりをいい形で入っていけたので、リズムに乗っていくことができました。反省点は色々ありますが、次のゲームに生かしていきたいと思います。今日は、大学の先輩でもある辻さんがうまくリードしてくれたので助かりました。勝ち星はホークス戦だけですが、これから他のチームにも勝てるよう頑張りたいと思います!」

辻 俊哉 選手 <今季初スタメンで好リード!チームを勝利に導く!>

ヒーローインタビューを受ける辻選手

「今日は、大学の後輩でもある小松に何とか完封させてあげたかったですね。最後のピンチは、小松に勝ちをつけてあげたいと必死でした。自分も1軍に上がったばかりで、試合前に小松と2人で"絶対に勝つぞ"と気合を入れました。もう少し点を取って、楽に投げさせたかったんですが・・・自分の打席にもチャンスはありましたし。今日はファンの温かい声援が僕達2人を盛り立ててくれました。これからも応援よろしくお願いします!」

テリー・コリンズ 監督

「今日は小松がよかったね。昨年よりストレートのスピードが上がり、変化球が有効的に使えるようになった。それから、辻がナイスリードだったね。小松をうまくリードしていた。」