2011/04/16(土)第2回戦

楽天イーグルス vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 1
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 0 0 2 0 0 0 X 2 6 0

14:00試合開始|甲子園
第2回戦 0勝2敗0分|快晴|観客数:21,498人

≪先発中山が2失点。T-岡田が一発を放つもののEに連敗。≫

ストレッチ中の北川選手
ティーバッティング中の森山選手
練習中の西投手

甲子園球場でのE2回戦。先発の中山は、序盤から走者を出すものの、要所を締める投球で4回まで無失点に抑えるが、5回3本の長短打を浴び2点を先制されると、6回途中、6安打2失点でマウンドを降りる。

何とか追い上げたいBs打線は、6回まで3安打に抑え込まれていたE先発永井から、7回4番T-岡田が、右翼席へ打った瞬間それと分かる2号ソロHRを放ち1点差とする。

しかし8回には、8番伊藤の四球と9番金子(圭)の犠打、1番坂口の中前安打で1死1・3塁のチャンスを作るものの、2番森山が併殺打に打ち取られると、9回もEリリーフ陣の前に三者凡退に抑え込まれゲームセット。Eに連敗を喫した。

◇ 中山 慎也 投手
<先発5回2/3,被安打6,失点2。>

先発の中山投手

「先に点を与えたくなかったですし、5回の場面は何とか踏ん張りたかったんですが。点を取られた後の6回、鴨志田が抑えてくれましたが、連続フォアボールもいけませんね・・・。」

◇ 岡田 彰布 監督

「走塁が未熟ということかなぁ・・・。バッターは、ボール球ばっかり振っているし、全部フォアボールをとれているよ。中山は、追い込んでから三振を取ろうとして色気が出た。あの場面は厳しくいかないと。」