2011/05/29(日)第2回戦

オリックス vs 中日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  中日ドラゴンズ 0 4 0 2 0 0 0 0 1 7 11 1
  オリックス・バファローズ 2 0 0 0 0 1 0 0 1 4 12 1

14:00試合開始|京セラドーム
第2回戦 0勝2敗0分|快晴|観客数:28,202人

≪T-岡田が2HRを放つものの連敗ストップならず。≫

9回に代打で出場し右前Hを放つ李スンヨプ選手
山崎浩選手も代打で出場し右前Hで続く
先制2ランを放ち坂口選手と抱き合うT-岡田選手

D2連戦の2戦目。連敗を止めたいBs打線は初回、この試合2番に入った坂口が遊敵失で出塁すると、4番T-岡田が中堅右へ5号2ランHRを放ち2点を先制する。

しかし、先発の朴贊浩は、直後の2回、3連打で1点を失うと、その後も犠打を挟んで3連打を浴び、この回4点を失い逆転を許す。立ち直ったかと思われた朴贊浩だったが、4回にも1点を失い3回1/3、6失点でマウンドを降りる。

4点を追うBs打線は6回、先頭の4番T-岡田が左翼ポール際へこの試合2本目となる6号ソロHRを放ち3点差に追い上げるが、9回4番手中山がD小池に手痛いHRを浴び、再びリードを広げられる。

何とか反撃したい打線は、9回、途中出場の先頭森山が左前安打、代打李スンヨプも右前安打で続き、代打の代打山崎浩も右前安打で無死満塁のチャンスに、梶本勇の右前適時打で3点差。尚も、HRで逆転サヨナラの場面を作るも、後一歩及ばずゲームセット。Dに連敗を喫した。

◇ 朴贊浩 投手
<3回1/3、被安打9、失点6>

先発の朴贊浩投手

「2回にしても4回にしても、ボールが甘く入ってしまった。何とか踏ん張りたかったんだけど・・・。」

◇ 岡田 彰布 監督

本塁打を放ったT-岡田選手とタッチを交わす岡田監督

「今日も昨日と同じでボールが高いし、初球から打たれてたな。その辺をキャッチャーがリードして修正していかんとな・・・。久しぶりというか、先制した後だっただけにな。」