2012/04/04(水)第2回戦

北海道日本ハム vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 1 2 0 0 0 1 0 0 4 11 1
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2 5 1

18:00試合開始|札幌ドーム
第2回戦 2勝0敗0分|雪 2℃|観客数:15,506人

≪先発マクレーンが好投!後藤、李大浩、T-岡田が3安打!Fに連勝!!≫

先発のマクレーン投手

F3連戦の2戦目。
Bs打線は、2回1死から6番T-岡田が左前安打で出塁すると、続く7番バルディリスが右越適時3BHを放ち1点を先制する!
さらに3回、2番大引の四球と3番後藤の中前安打で作った無死1・2塁のチャンスから、4番李大浩がすかさず左前適時打を放つと、1死1・3塁からT-岡田が右前安打を放ち追加点を挙げ、序盤で3点をリードする!

一方、今季2試合目の登板で初先発となったマクレーンは、立ち上がりから、抜群のコントロールと緩急を上手く使った投球で、F打線を3回まで無安打に抑え込む。5回連打で招いた1死2・3塁のピンチから、内野ゴロの間に1点を失うが、終始安定した投球で、6回途中まで1失点の好投をみせマウンドをリリーフ陣に託す。

中盤、F投手陣の前に無得点に抑えられていたBs打線は、7回後藤、李大浩の連打で2死1・2塁のチャンスを作ると、T-岡田が左前適時打を放ち貴重な追加点を挙げる!

投げては、終盤7回、3番手ミンチェが、FスレッジにソロHRを浴び、さらに味方の失策などで2死1・3塁のピンチを招くが、4番手不動のセットアッパー平野が、このピンチを1球で切り抜けると、8回も気迫のこもった投球で無失点に抑え込む!迎えた最終回は、守護神岸田がキレのあるボールでF打線を三者凡退に打ち取りゲームセット。投打が噛み合いFに連勝!好投をみせた先発マクレーンは、今季初勝利を挙げた!

◇ エバン・マクレーン 投手

今日のヒーロー!今季初勝利を挙げた マクレーン投手

<今日のヒーロー!先発5回2/3,4安打,1失点の好投で今季初勝利!>
「久しぶりの先発だったけど、特に緊張することもなかったし、ボールを低めに集めて、自分の持ち味が出せたと思う。ボールが甘くなるところもあったけど、齋藤が自分のいい部分を引き出してくれたね!最小失点に抑えることができてよかったし、何よりチームが連勝できてよかったよ!」

◇ アーロム・バルディリス 選手

<2回1死1塁からライトオーバーの先制タイムリー3BHを放つ!>
「打ったのはストレート。とにかくボールをしっかり捉えて、次に繋ぐことだけを考えて打席に入ったんだ。いい形で逆方向へ打ち返すことができたね!何とか先制点が欲しかったし、タイムリーになってくれてよかったよ!」

◇ 岡田 彰布 監督

練習中の坂口選手
走塁練習中の駿太選手

「マクレーンは、丁寧に投げていた。コントロールもいいし、野手のリズムも良くなったよな。Tは、ボールをよく見れてるし、センター方向へ返していけてる。7回の1点は大きかったよ!李大浩も場面をよう考えてのヒット。平野、岸田も連投だったけど、きっちり役割を果たしてるしな。これでみんな開幕したようなもんよ!」

◇ 李 大浩 選手

守備練習中の李大浩選手

<3回1死1・2塁からレフト前へタイムリーヒットを放つ!>
「打ったのはチェンジアップ。得点圏にランナーがいましたし、とにかくランナーを還すことだけですね!マクレーンをいい流れの中で投げさせてあげたいし、追加点を取ることができてよかったです!」

◇ T-岡田 選手

ティーバッティング中のT-岡田選手

<3回1死1・3塁からライト前へタイムリーヒットを放つ!>
「打ったのはチェンジアップです。追い込まれていたので、とにかく前へ飛ばして、何とかしようという気持ちだけでした!」