2012/05/11(金)第7回戦

オリックス vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 2 0 0 0 1 0 0 0 0 3 10 2
  オリックス・バファローズ 0 0 1 0 0 0 0 1 0 2 7 0

18:00試合開始|京セラD大阪
第7回戦 2勝4敗1分|晴れ 15℃|観客数:13,460人

≪李大浩特大の4号HRも、寺原13球団目の勝利ならず・・・。≫

交流戦前の3連戦に臨む岡田監督
李大浩選手の4号ソロで1点差に迫る!
平野投手が無失点で繋ぎ9回裏の反撃を待つ

京セラドーム大阪で迎えたE3連戦の初戦。

Bs先発は13球団目の勝利を掛けての登板となる寺原!その1回、先頭から4本の長短打を浴び初回に2点を失う、苦しい立ち上がりとなる。しかし、2回以降は走者を背負いながらも粘り強い投球で追加点を許さない!

2点を追うBs打線は3回、7番赤田が失策で出塁し内野ゴロなどで1死3塁のチャンスを作ると、9番川端がしぶとく中前適時打を放ち1点を還す!

中盤の5回、粘りの投球を続けていた先発寺原が、2死3塁のピンチを背負い一ゴロの微妙なタイミングが内安打となり1点を追加され、6回、被安打9、失点3でマウンドをリリーフ陣へ託す。

そのマウンドを請けたリリーフ陣は、7・8回以降2番手海田、3番手香月がE打線を封じ込めると、打線は8回、1死後4番李大浩が左翼席へ打った瞬間それとわかる特大の4号ソロHRで1点差に詰め寄る!

9回は1点負けの場面で不動のセットアッパー平野を投入!気合の投球で三者三振に打ち取り、最後の攻撃に託したが、Eリリーフ陣の前に三者凡退に打ち取られゲームセット・・・。

Eの初戦、勝利を飾ることができなかった・・・。

◇ 寺原 隼人 投手

寺原投手に勝ち星をつけることができなかった

<先発6回、被安打9、失点3。>
「2回以降は、修正しながら投げることができたんですが、初回ですね・・・。簡単に点を取られてしまって、チームに申し訳ないです。」