2012/09/11(火)第20回戦

埼玉西武 vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 0 1 0 0 2 3 8 1
  埼玉西武ライオンズ 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 8 0

18:00試合開始|西武ドーム
第20回戦 6勝11敗3分|晴れ 27℃|観客数:11,979人

《最終回に代打・梶本が値千金の決勝犠飛! 土壇場で執念を見せ、首位・ライオンズに逆転勝ち!!》

走塁練習中の梶本選手
キャッチボール中の李大浩選手
キャッチボール中の小島選手

今日からは舞台を埼玉に移し、首位・ライオンズとの3連戦。とにかく勝ち続けるしかないBsは、前回完投勝利を挙げた木佐貫にマウンドを託す! 木佐貫が勢いそのままにライオンズ打線を封じ、カードの初戦を制したい!

先発・木佐貫は初回、先頭の浅村にいきなり三塁打を許すと、3番・中島の右犠飛であっという間に1点を先制されてしまう。

2回は2者連続三振を奪って無失点に抑えるが、続く3回は1死3塁のピンチとなり、相手打線の中軸を迎える。しかしここも中島・中村を落差のあるフォークなどで連続三振に打ち取り、追加点は与えない!

中盤に入っても木佐貫はピンチの連続となるも、要所を締めて得点は許さず。力投を見せ、本塁生還は許さない!

一方の打線は1番・川端を中心に攻撃の形を作る。初回に川端は安打で出塁し得点圏に進むと、3回にも2死から安打を放ってチャンスメーク。得点にはならないものの、相手先発・岸に少しずつプレッシャーかけていく。

すると6回、先頭の安達が四球を選ぶと、その後2死3塁となり打席に入ったのは3番・後藤。外角低めの直球に止めたバットが当たるも、後藤の全力疾走が相手の送球ミスを誘う適時内野安打に! 1対1と試合を振り出しに戻す!

待望の援護点をもらった木佐貫だったが、7回に再びつかまってしまう。1死1塁から3番・中島に左中間への適時二塁打を浴び、1塁走者が長駆ホームイン・・・。1対2となり、再び1点のリードを奪われる。

しかし決して最後まで諦めないBsは最終回、相手守護神・涌井を攻め立てる! 先頭の代打・スケールズが安打を放つなど、1死1,2塁として打席には5番・T-岡田。粘りに粘った末の15球目、高めの直球を狙い澄ました打球は左翼線で弾み、フェンスまで到達する同点適時二塁打! T-岡田が見せた不屈の闘志で流れを呼び込み、まずは同点に!

さらにバルディリスが四球を選んで1死満塁となり、勝ち越しの大きな機会を作る! ここでライオンズが左腕のウィリアムスを投入すると、岡田監督が選択したのは代打・梶本。「打席に向かう前に監督から“速いから差し込まれるな!”と声をかけられたので、思い切っていきました。」と語った梶本が放った当たりは飛距離十分の左犠飛となり、土壇場で3対2と勝ち越しに成功する!!

今日初めてのリードを奪ったBs。迎えた9回裏には満を持して9試合連続無失点中の平野を投入。その平野が150キロ超の剛速球と落差の大きいフォークで3者連続三振を奪う圧巻の投球で締め、試合終了!! 見事な逆転勝利で首位・ライオンズに先勝した!

常にリードを許す苦しい展開を最後の最後にひっくり返し、逆転勝ちを収めたBs。この勢いをそのまま明日の試合に持ち込んで一気にカード勝ち越しを決め、さらなる飛躍への足掛かりとしたいところだ!! Bsはこのままでは終われない! 何かを起こす!

◇ 梶本 勇介 選手

今日のヒーロー!9回代打で決勝の犠牲フライを放つ!!!

「あのような場面、気持ちばかり先行してしまうので冷静にいこうと思って打席に入りました。打席に向う前に監督から“速いから差し込まれるな!”と声をかけられたので、思い切っていきました。打った瞬間、犠牲フライにはなるなと思ったのでよかったですが、興奮していて覚えていないです。どこで出るかわからないですが、準備だけはしっかりしていたのでそれが良かったんだと思います。残り試合は少ないですが、一生懸命がんばりますのでご声援よろしくお願いいたします!」

◇ 木佐貫 洋 投手

先発の木佐貫投手

<先発7回、被安打8、失点2。>
「先頭打者を出してしまう回がほとんどで、リズムが悪くなってしまった。リードしてくれた日高さんや野手のみんなに申し訳ないです。」

練習中のBsナイン

練習中のバルディリス選手
ティーバッティング中の日高選手

練習中のBsナイン