2015/04/12(日)第3回戦

楽天イーグルス vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 8 0
  東北楽天ゴールデンイーグルス 1 0 0 0 2 0 0 0 1X 4x 8 1

13:00試合開始|Koboスタ宮城
第3回戦 0勝2敗1分|快晴|観客数:21,519人

西野がプロ初安打をマークするが、チームはサヨナラ負け・・・

初めてスタメンに抜擢された西野選手が、7回に記念すべきプロ初安打を放つ!!

打線は1点を追う3回に3本の適時打を集中し逆転。2点リードで迎えた5回に先発・山崎福は勝利投手の権利まであと1死のところまでこぎつけるが、満塁のピンチを迎えた場面で無念の降板。しかしここで代わった2番手・榊原が連続押出四球を与え、同点に。その後は終盤に西野がプロ初安打を放つも勝ち越し点を奪えずにいると、9回に痛恨のサヨナラ打を浴び、悔しい敗戦を喫した。

◇ 森脇 浩司 監督

「山﨑福也は四球で自分の長所を消してしまった。同点から登板した塚原は堂々と投げてくれたね。同じ敗戦の中でも打線につながりが出てきているし、火曜からまたしっかり準備してチーム全体で立ち向かっていきます。」

◇ 糸井 嘉男 選手

同点タイムリーを放つ糸井選手!!

<3回1死1・3塁からライト前に同点タイムリーヒットを放つ!>
「何とかランナーを還すことだけですね。タイムリーになってくれてよかったです!」

◇ T‐岡田 選手

<3回2死1・2塁からセンター前に勝ち越しのタイムリーヒットを放つ!>
「チャンスでしたし、何としてでもランナーを還そうという強い気持ちで打ちました!抜けてくれてよかったです。」

◇ 中島 裕之 選手

<3回2死1・2塁からセンター前にタイムリーヒットを放つ!>
「とにかくランナーを還すことだけを考えていました。タイムリーになってよかったです!」

◇ 山﨑 福也 投手

力投する山崎福也投手

<先発4回2/3を被安打5、失点3の内容。>
「調子自体は悪くなかったのですが、フォアボールが多くリズムに乗りきれませんでした。先発の役割を果たすことができず申し訳ないです。」