2016/03/05(土)第2回戦

オリックス vs 巨人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  読売ジャイアンツ 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3 10 1
  オリックス・バファローズ 0 0 0 4 0 0 0 1 X 5 7 0

13:00試合開始|京セラD大阪
第2回戦 1勝1敗0分|観客数:18,397人

≪オープン戦第4戦≫

勝利投手は2イニング無失点の好投を見せた2番手・小松投手
4回裏、先制の適時2塁打を放った4番・モレル選手
8回裏、川端選手の適時打で貴重な追加点!

Bs先発のディクソンは、立ち上がりから持ち味の打たせて取る投球が冴えわたる。初回をすべて内野ゴロの三者凡退に切って取ると、3回を1安打無失点3奪三振の好投。今季もフル回転の活躍を予感させる安定感抜群の投球を披露する。

試合が動いたのは4回、Bs打線は四番候補の絶好調モレルのタイムリー2BHで先制点を奪うと、そのあとT-岡田に3ランHRが飛び出し4-0。和製大砲の待望の一発でビッグイニングを演出。Bs打線は8回にも川端のタイムリーで1点を奪い、計5得点。

一方投手陣は、ディクソン降板後、小松、佐藤達也、海田も無失点に抑える好投。終盤に3点を奪われるものの序盤のリードを守りきり、5-3で勝利。

この試合、ローテーションの一角のディクソンが順調な仕上がりを見せると、打撃陣ではT-岡田に待望の一発が飛び出すなど、シーズンに向けて好材料の多い試合となった。

◇ 福良 淳一 監督

試合前、メンバー表の交換をする福良監督
順調な調整ぶりを見せた先発・ディクソン投手
期待に応える特大アーチを放ったT-岡田選手

「ディクソンは順調だね。Tは難しいボールをうまく打った。Tが打ってくれたら打線に厚みも出るし、自信を持ってやってほしいね。」

◇ ブランドン・ディクソン 投手

先発し3回を被安打1、無失点。今年も期待のディクソン投手

<オープン戦初登板!先発3回を被安打1、無失点。安定感抜群の投球で順調な調整ぶりをアピール!>
「実戦で早く投げたくてウズウズしていたよ。ブルペンではカーブがあまりよくなかったんだけど、試合の中でうまく修正できたんじゃないかな。これから開幕にむけてもっと長いイニングを投げて、変化球の精度をあげていかないとね。」

◇ T-岡田 選手

先制した直後にリードを広げる一発!
チームメイトの祝福に笑顔のT-岡田選手

<4回2死1、3塁からライトスタンドへ飛び込むオープン戦第1号3ランHRを放つ!>
「追い込まれていたんですが、インコースのストレートにうまく身体が反応してくれました!
なんとか結果を出すことができてよかったです!これからも、もっともっとアピールできるようにがんばります!」