2016/04/09(土)第1回戦

福岡ソフトバンク vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5 1
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 1 4 3 3 0 2 X 13 14 2

13:00試合開始|鹿児島
第1回戦 0勝1敗0分|快晴|観客数:14,942人

相手打線の勢いを止められず大敗...

先制のホームを踏みハイタッチで迎えられる中島選手
1 2/3回を無失点に抑えた松葉投手

Bsは3回に7番中島、8番縞田の連続安打でチャンスを作り、9番伊藤の併殺打の間に1点を先取。
しかし直後の3回裏、先発金子千尋がH福田に痛恨のソロHRを浴び同点。これでH打線に火がつくと、4回には3ランHRを被弾するなど、金子千尋は5回途中8失点で無念の降板となる。
その後登板した救援陣もH打線の勢いを止められず、鹿児島で開催された昨季王者との初戦は大敗となった。

◇ 福良 淳一 監督

「金子は前回よりもフォームのバランス、ボール自体はよかったんだけど、勝負所で甘くなってしまった。後を投げたピッチャーは、厳しいことは分かっているけど、そういう中でもアピールしてほしい。打線は相手ピッチャーを前半に捉えなければいけなかった。気持ちよく投げさせてしまったね。
先発ピッチャーがなんとか粘って、しっかりとした試合をしていかなければいけない。」

◇ 金子 千尋 投手

先発した金子千尋投手

<先発4回1/3、被安打6、失点8>
「毎回同じことをしてしまい、チームに申し訳ないです。」