2016/04/12(火)第3回戦

オリックス vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 1 0 0 3 0 0 0 0 4 9 0
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1

18:00試合開始|京セラD大阪
第3回戦 1勝2敗0分|快晴|観客数:19,021人

安達が復帰初戦でマルチ安打も勝利にはつながらず

2安打を放った安達選手
好リリーフを見せた佐藤達投手
1イニングを3人で抑えた塚原投手

Bsの先発マウンドに上がったのは今季2戦2勝のディクソン。しかし、2回に連打を浴び先制を許すと、5回にも2本の適時打などで3点を失い、リードを広げられてしまう。
追いかける打線は本日戦列復帰を果たした安達が3回と5回に左前打を放ち、孤軍奮闘するもチームの安打はわずかに3。打線がつながらず完封負けを喫するも、頼れるショートストップの復帰はチームの上昇へ明るい材料となった。

◇ 福良 淳一 監督

「安達はヒットも出たしよかった。点を取れるように打順などいろいろ考えていかなければいけない。失点は、やはり四球が絡んでくるし、先発投手はもう少し頑張ってほしい。」

◇ ブランドン・ディクソン 投手

先発したディクソン投手

<先発7回、被安打9、失点4>
「いい球も悪い球もあり、調子はベストというわけではなかった。そんな中でも試合を作れるように、なんとか粘りたかった。」