2016/05/08(日)第8回戦

千葉ロッテ vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 13 0
  千葉ロッテマリーンズ 0 2 0 0 0 0 0 2 X 4 5 1

13:00試合開始|QVCマリン
第8回戦 3勝5敗0分|快晴|観客数:19,422人

西野5安打、糸井4安打&200盗塁達成の奮闘も勝利に届かず

Bsは初回一死2塁から糸井が三安で出塁。さらに、糸井は通算200盗塁目となるスチールを決め一死2・3塁と好機を広げると、モレルが犠飛を放ち1点を先制!続くT-岡田は四球を選び、一死1・3塁の場面から、糸井、T-岡田がダブルスチールを決め更に1点を追加。2回にも西野の適時打で追加点を加えリードを広げる。
先発の西は2回に2点を失ったものの、4回はMの中軸を三者三振に切って取るなど7回までを4安打に抑える投球で好機を与えない。しかし、迎えた8回二死1・2塁から、M角中に痛恨の2点適時三塁打を浴び逆転を許してしまう。
何とか反撃したい打線も毎回のように得点圏に走者を進めながら要所を抑えられ、悔しい逆転負けを喫した。

◇ 福良 淳一 監督

「西はよくがんばった。最後の最後だけ。
打線はチャンスは作ったけど、あと一本を出すことができなかった。バント失敗もそうだし、当たり前のことをしっかりやっていかなければ試合の流れは相手にいってしまう。」

◇ 西 勇輝 投手

先発の西投手とバッテリーを組む捕手の山崎選手

<先発7回2/3、被安打5、失点4。>
「粘り切ることができませんでした。」

◇ 西野 真弘 選手

5打数5安打と大活躍の西野選手

<2回、2死3塁からレフト前タイムリーヒットを放つ!>
「チャンスでしたし、どうにかしてランナーをかえすことだけです。なんとかタイムリーを打つことができてよかったです!」