2016/05/11(水)第7回戦

北海道日本ハム vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 8 1
  北海道日本ハムファイターズ 2 0 2 0 2 0 0 0 X 6 11 1

18:30試合開始|東京ドーム
第7回戦 3勝4敗0分|快晴|観客数:26,145人

終盤の反撃も及ばず連夜の一発攻勢に沈む

安達選手の適時打で大城選手が生還する

Bs先発東明は初回、2死からF中田に一発を打たれ、前夜に続きHRで先制を許してしまう。2回は0封するも、3回にはF大谷に2ランHRを浴び無念の降板。後を受けた2番手・山崎福が4回2失点と粘るが、打線は6回までF先発吉川を捉えきれずスコアボードには0が並ぶ。
意地を見せたいBsは7回、ルーキー・大城の右安を足掛かりに反撃!安達、糸井が連続適時打を放ち2点を返す。F吉川を降板させ、なおも1死1、2塁と攻め立てるが、後続が倒れ反撃もここまで。序盤のビハインドを跳ね返せなかった。

◇ 福良 淳一 監督

「東明は同じことの繰り返し。初回のフォアボールからの失点もそうだし、逆球も多い。バッテリーで考えていかなければいけない。攻撃のほうも、バントなどできることをきっちりとやっていかなければ、いい流れは来ない。」

◇ 東明 大貴 投手

<先発2回0/3、被安打5、失点4>
「申し訳ないということしかありません。」