2016/05/15(日)第6回戦

オリックス vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 6 1
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 5 0

13:00試合開始|ほっと神戸
第6回戦 1勝5敗0分|快晴|観客数:22,515人

モレルのソロHRで追いつくも、終盤に勝ち越され連勝ならず

先発した西投手
HRを含む2安打4出塁の活躍をみせたモレル選手
1イニングを無失点に抑えた塚原投手

先発・西は初回を三者連続三振に斬ってとる抜群の立ち上がりを見せるが、3回、無死1、3塁からH牧原のバント安打により1点を先制されてしまう。それでも、続くピンチは後続を打ち取り追加点を与えない。
一方打線は5回、ここまで無得点に抑えられていたH武田から、モレルが左翼席上段に突き刺さる特大の4号ソロHRを放ち同点とする。このまま一気に勝ち越したいBsだったが7回に犠飛により1点を勝ち越されると、ここまで踏ん張っていた西は無念の降板となる。
後を受けた佐藤達、塚原が無失点でつなぎ、1点差で迎えた9回裏。Hサファテからモレルが四球を選ぶと代走・小島が盗塁を決め一打同点のチャンスをつくる。しかし、最後は代打・原が空振三振に倒れ試合終了。連勝はならなかった。

◇ 福良 淳一 監督

「西はよく粘ってくれたけど、やはりフォアボールは失点につながってしまう。いいボールが多かっただけにもったいない。佐藤達は状態が上がってきた。そこは収穫です。」

◇ 西 勇輝 投手

131球と力投した西投手

<先発6回2/3、被安打5、失点2>
「チームのためにもっと長いイニングを投げたかったです。」