2016/05/21(土)第10回戦

オリックス vs 千葉ロッテ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  千葉ロッテマリーンズ 0 1 4 3 0 0 0 0 2 10 14 0
  オリックス・バファローズ 1 0 1 0 0 0 1 0 0 3 7 0

14:00試合開始|京セラD大阪
第10回戦 4勝6敗0分|快晴|観客数:29,826人

初回先制の勢いを活かせず、投手陣がつかまり大敗

初回、先制点に繋がる2塁打を放った糸井選手
西野選手の中前適時打で追い上げをみせる
7回、意地の適時打を放ったブランコ選手と佐竹コーチ

Bsは初回、2死から糸井が中堅フェンス直撃の2塁打を放ち出塁すると、4番・モレルに適時打が飛び出し今日も先制に成功する。
しかし先発・近藤一は立ち上がりの初回こそ3人で打ち取るも、2回に犠飛で同点とされると3回にはHRを含む5連打を浴び4失点。その後も立ち直れず4回途中7失点で降板。
意地を見せたい打線は中盤3イニング無安打とプロ初先発のM関谷を打ちあぐね、7回にブランコの適時打で1点を返すも反撃はここまで。
M打線の勢いを終始止められず、連勝は3で止まった。

◇ 福良 淳一 監督

「近藤一樹はボールに力はあったと思うけど甘いボールが多かった。もっと接戦にしていかなければね。点差がついてしまって、相手に楽に投げさせてしまった。」

◇ 近藤 一樹 投手

先発の近藤一投手

<先発3回2/3を9安打7失点>
「リズムよくテンポよく投げていくことを心掛けていたんですが、真ん中付近にボールが集まってしまいました。ボール球もうまく使えませんでしたし、投げ急いでしまったことなども反省しなければいけません。」