2016/05/22(日)第11回戦

オリックス vs 千葉ロッテ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  千葉ロッテマリーンズ 0 1 0 1 3 0 0 0 0 5 8 2
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 4 0

13:00試合開始|京セラD大阪
第11回戦 4勝7敗0分|快晴|観客数:31,922人

代打・小島の適時打で一矢報いるも試合の主導権を奪えず敗戦

3回先頭でヒットを放った西野選手
小島選手が代打で登場し適時打!
6回にセンター前ヒットを放ったT-岡田選手

先発・西は、初回を3人で打ち取り上々の立ち上がりをきったものの、2回に適時打により先制点を奪われると、4回にも死球をきっかけに1点を失う。なんとか踏ん張りたい西だったが、5回には4本の長短打を集められ5点差に。勝負どころで粘れずこの回限りで降板となる。
一方打線は5回、ここまで1安打に抑えられていたM先発・唐川から1死2塁のチャンスを作ると、代打・小島が中前に抜ける適時打を放ち1点を返す!しかし後続が倒れ好機を逸すると、7回からは継投でかわされ無得点。終始相手のペースで試合を進められ、連敗を喫した。

◇ 福良 淳一 監督

「西はランナーを出してから神経質になってしまった。2アウトからの失点もあったし、なんとか防いでほしかった。」

◇ 西 勇輝 投手

先発で5回5失点の内容に終わった西投手

<先発5回、被安打7、失点5>
「粘りきることが出来ず、チームに申し訳ないです。勝負所での投球やフィールディングなど、小さなミスをなくしていかなければいけません。」