2016/05/24(火)第7回戦

福岡ソフトバンク vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 1 4 0 1 0 6 9 1
  福岡ソフトバンクホークス 2 1 5 8 4 1 0 1 X 22 17 0

18:00試合開始|ヤフオクドーム
第7回戦 1勝6敗0分|快晴|観客数:32,275人

ブランコの2打席連続本塁打も空砲に

2打席連続本塁打のブランコ選手はT-岡田選手とハイタッチ
力投したコーディエ投手

先発・ディクソンが3回途中7失点でマウンドを降りると、救援陣もH打線の勢いを止められず5回までに20失点。
それでも大量ビハインドを追いかける打線は6回に2つの四球で1死1.2塁のチャンスを作るとT-岡田が右前に適時打を放つ。さらに2死1,2塁からは前の打席で本塁打を放っているブランコの打球が再び外野のフェンスを越える!ブランコは8回にもフェンス直撃の適時打を放ち5打点を挙げる活躍を見せたが逆転には及ばず。2打席連続本塁打も空砲に終わった。

◇ 福良 淳一 監督

「先発ピッチャーがもう少しがんばらないと。」

◇ ブランドン・ディクソン 投手

先発したディクソン投手

<先発2回1/3、被安打5、失点7>
「しっかりとしたピッチングができなかった。ということしかない。」