2016/05/31(火)第1回戦

オリックス vs 巨人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  読売ジャイアンツ 0 1 0 0 0 2 0 0 0 3 9 0
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 7 0

18:00試合開始|京セラD大阪
第1回戦 0勝1敗0分|快晴|観客数:25,064人

集中打で一時逆転するも交流戦は黒星スタート

安達選手の適時打で同点に追いつく
伊藤選手が勝ち越しの適時打を放つ

Bsは1点を追う5回にT-岡田、小谷野の連打でチャンスを作ると、2死後安達がレフト前に適時打を放ち同点とする。さらに続く伊藤もレフト前に弾き返すと2走・小谷野が気迫のヘッドスライディングで勝ち越しの生還。4回まで無安打に抑えられていたが4安打を集中させ一気に逆転に成功した。
しかし直後に先発・西が痛恨の2ランを被弾。打線も6回1死1,3塁のチャンスを逃すなど3点目のホームが遠く交流戦は黒星スタートとなった。

◇ 福良 淳一 監督

惜しくも1点及ばず交流戦黒星スタートとなった福良監督

「西は“あの一球”ですね。何を気を付けるべきか、冷静にならなければいけなかった。攻撃陣も終盤のバントミス。きっちりやっていかないと。」

◇ 西 勇輝 投手

6回3失点だった西投手

<先発6回、被安打7、失点3>
「序盤から粘り強く投げることができたと思うのですが、6回のホームランを打たれた“あの一球”ですね。」