2016.06.01 WED
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
R
H
1
9
0
5

松葉粘投も、G投手陣の前に得点奪えず悔しい敗戦

気迫の投球でピンチを切り抜けた松葉投手
9回代打で登場し安打を放った中島選手

先発の松葉は初回に1点を失ったものの以降は粘りの投球。走者を背負いながらも、要所を抑えG打線に追加点を許さない。
反撃を見せたい打線は5回に先頭のブランコが安打を放ち出塁。その後失策も絡み一死1・3塁と大きな好機を作るが、小島、安達が打ち取られ無得点と同点に追いつくことができない。
Bsは7回からは継投へ。佐藤達がピンチは招いたもののしっかり0に抑えると、8回は塚原、9回はコーディエがG打線を三者凡退に切って取り味方の反撃を待つ。
迎えた9回。一死から代打の中島が安打で出塁し、続く打者は打撃好調のT-岡田。一打逆転の期待も高まったが、G・澤村の前に空振三振。G投手陣の前に最後まで得点を奪うことができず悔しい敗戦となった。

◇ 福良 淳一 監督

ベンチで采配を振るう福良監督

「松葉はよくがんばってくれた。あとは打線が何とかしないと。」

◇ 松葉 貴大 投手

粘りの投球でG打線を最少失点に抑えた松葉投手

<先発6回、被安打8、失点1>
「毎回ランナーを背負う苦しい展開でしたが、何とか粘り強く投げることができたと思います。しかし、序盤から球数が多く、守備の時間が長くなってしまったことなどは、反省しなければいけません。」

  1. トップ
  2. 試合情報
  3. ゲームレポート

SUPPORTED BY

  • ユニバーサルホテル
  • オリックス
  • シティ信金
  • 京セラバイト
  • FWD生命(固定)
  • ポンタ(固定)
  • メルカリ(固定)
  • LEFT-U(固定)
  • サムティ(固定)
  • 杉本商事
  • ビックカメラ
  • ANA
  • 延田グループ
  • ウェイブダッシュ
  • 日本トリム
  • イオン
  • Jスポーツ
  • パーソル
  • OSAKAINFO
  • フレッシュオールスター
  • オリ模倣Web注意
  • オリックス レンタカー
  • オリックス銀行
  • ダンスアカデミー(固定)
  • ドーム草野球(固定)
  • ドームツアー(固定)