2016/08/02(火)第12回戦

楽天イーグルス vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 8 0
  東北楽天ゴールデンイーグルス 1 0 0 0 0 0 0 0 1X 2 8 0

18:00試合開始|Koboスタ宮城
第12回戦 6勝6敗0分|快晴|観客数:18,377人

西が132球の力投をみせるも最後は力尽きサヨナラ負け

132球の力投をみせた西投手

Bsは初回、2死から糸井の二盗でチャンスを広げ、今日4番に座った中島の適時打で幸先良く先制に成功。しかしその裏、このリズムに乗りたい先発・西だったが、先頭に許した安打から1死2塁と得点圏に走者を背負うと、Eウィーラーに適時打を許し、すぐさま同点に追いつかれる。それでもこの回を1点で踏ん張ると、その後は5回まで安打を許さず追加点は与えない。
なんとか次の1点を奪いたい打線は6回、先頭・糸井が安打を放ち、続く中島に期待がかかるも、打ち上げた打球は右翼への平凡なフライに。さらにこの打球で糸井が戻りきれずまさかのゲッツーとなってしまうと、流れを逸したか、これ以降は走者を出せず。
そして迎えた9回裏。ここまで力投していた西だったが1死満塁とこの日最大のピンチを背負うと、最後はこの日投じた132球目をE銀次に右前に運ばれサヨナラ負け。西の力投も勝利にはつながらなかった。

◇ 福良 淳一 監督

「西はがんばってくれた。打線はチャンスがあっただけに、あと1本というところ。」

◇ 西 勇輝 投手

<先発8回1/3、被安打8、失点2>
「最終回、期待に応えることができず申し訳ないです。長いイニングは投げることができましたが、チームを勝たせることができなかった。次こそはチームを勝たせられるようにがんばります。」

◇ 中島 宏之 選手

<1回2死2塁からレフト前へタイムリーヒットを放つ!>
「糸井さんが走ってチャンスを作ってくれたので、何とかタイムリーを打つことができて良かったです。」