2016/08/11(木)第18回戦

オリックス vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 2 0 0 0 0 0 1 0 3 8 4
  オリックス・バファローズ 0 1 0 0 0 3 0 0 X 4 9 0

13:00試合開始|京セラD大阪
第18回戦 7勝11敗0分|快晴|観客数:34,922人

安達の2点適時打で逆転勝利!今季初の4連勝!

4打席で3回出塁した中島選手
西野選手らバックが無失策の守備で盛り立てる
イニングまたぎとなった平野投手が締めくくる

Bs先発・金子千尋は制球に苦しみ序盤から走者を背負う。初回1死満塁のピンチは併殺で切り抜けたものの、2回2死2、3塁からH柳田に適時2塁打を浴び2点を先制されてしまう。それでも打線が直後の攻撃で1点差とすると、その後は走者を出しても粘りの投球で後続を打ち取り6回2失点と試合を作る。
すると6回裏、下位打線から相手の守備の乱れについて1死満塁の好機を作ると、1番安達が二遊間の真ん中を破る逆転の2点適時打!試合をひっくり返し、続く川端の適時打でリードを2点に広げた。
7回からは継投策。2番手・海田が打者5人を完璧に抑えると、8回2死から安打を許し右打者を迎えたところでベンチはすかさず守護神・平野を投入。この回1点を失ったものの、9回はきっちり3人で締め試合終了。前日に続いて1点差試合をものにし、今季初の4連勝を飾った。

◇ 福良 淳一 監督

「安達がいい所で勝負強さを見せてくれた。あの一打で追い越せたことが大きかった。川端もよく打ってくれたし、打線は全体的に状態が上がってきている。金子は珍しくリズムが悪かった。海田、平野はきついところでよく粘ってくれたね。明日も全力でがんばります。」

◇ 安達 了一 選手

逆転の2点適時打を放った安達選手

<今日のヒーロー!逆転2点タイムリーを放ち勝利に貢献!>
「前の打席までチャンスで打てていなかったので、なんとかしようという気持ちで積極的に打ちにいきました!打った瞬間は“抜けてくれ”と思っていました。明日からも全部勝ちにいきます!応援よろしくお願いします!」

<6回1死満塁からセンター前へ逆転2点タイムリーヒットを放つ!>
「初球から狙っていました!前の打席までチャンスで凡退していたので、なんとかタイムリーを打つことができてよかったです!」

◇ 川端 崇義 選手

川端選手の適時打でリードを広げる

<6回2死2塁からライト前へタイムリーヒットを放つ!>
「後ろに繋ぐ気持ちで打ちました。いいところに飛んでくれましたね。とにかく追加点を取ることができてよかったです!」

◇ 金子 千尋 投手

6回2失点だった金子千尋投手

<先発6回、被安打5、失点2>
「初回からフォアボールでランナーをためてしまうなど、いい形で攻撃に繋げられず、野手に迷惑をかけてしまいました。球数も多く、6回までしか投げられなかったことも反省点です。そういう中でも逆転してくれた野手のみんなに感謝しています。」