2016/08/23(火)第21回戦

オリックス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 4 0 6 4 0 0 0 14 13 0
  オリックス・バファローズ 0 1 1 0 0 1 0 0 0 3 11 2

18:00試合開始|ほっと神戸
第21回戦 11勝10敗0分|快晴|観客数:27,802人

吉田正の適時打で先制も復帰の先発・西が試合を作れず

先制打を含む2安打の吉田正選手
モレル選手の2塁打をきっかけに先制する

Bsは怪我により一時戦列を離れていた西が先発のマウンドへ。テンポの良い投球でL打線を2回まで完璧に封じる立ち上がりを見せる。
するとその裏、打線はモレルの2塁打などで2死1,2塁の好機を作ると、吉田正がL先発・岸の直球をレフトへ運び、幸先良く先制に成功!
ところが援護を受けた西は3回、先頭へ与えた四球をきっかけにL打線に集中打を浴び4点を失い逆転を許すと、5回も立ち直りを見せられず3点を追加されこの回途中で降板。
これ以上の失点は防ぎたいところだったが、その後も代わった2番手・佐藤峻が4点を失うなどL打線の勢いを止められず大量リードを奪われると、打撃陣の反撃も3得点に終わり、点差を縮めることができないまま完敗を喫した。

◇ 福良 淳一 監督

「西はもっと大胆にいってほしかった。ファンの方々に申し訳ない。」

◇ 西 勇輝 投手

1軍復帰した先発・西投手

<先発4回1/3、被安打9、失点10>
「先発としての役割を果たすことが出来ず、申し訳ないということしかありません。」