2016/08/26(金)第18回戦

楽天イーグルス vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 1 0 0 1 1 0 0 0 0 3 11 0
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 1 0 0 1 0 1 1 X 4 10 0

18:00試合開始|Koboスタ宮城
第18回戦 8勝9敗1分|快晴|観客数:20,956人

新オーダーで先手を奪うも、終盤の反撃をかわせず接戦を落とす

Bsは初回、先頭の糸井が安打で出塁。さらに盗塁を決め、1死2塁の好機をつくると吉田正がセンターへ適時2塁打!プロ入り後初の3番に座った吉田正のバットで先制点を奪う。
2回に同点に追いつかれたものの、4回にボグセビックのソロHRで勝ち越しに成功すると続く5回にはT-岡田の適時2塁打で加点しリードを広げる。
しかし、7回にここまで走者を背負いながらも粘りの投球でリードを守ってきた先発の金子千尋が2死から四球を与えると後続に連打を許し同点。さらに、8回には2番手の海田がE・ペゲーロに痛恨の一発を浴びゲーム終盤に勝ち越しを許してしまう。
それでも9回、2死1塁から吉田正が安打を放ち出塁すると、続くT-岡田は四球を選び二死満塁。一打逆転の好機をつくったが、最後は中島が遊ゴロに倒れ試合終了。
ゲーム中盤までリードを奪いながらも、終盤Eの反撃を交わすことができず接戦を制すことができなかった。

◇ 福良 淳一 監督

「最後、粘りとあきらめない姿勢は見せることができたと思うけど。
海田はあの一球だけだっただけに、なんとか防いでほしかった。正尚は勝負強い、いい仕事をしてくれた。」

◇ 金子 千尋 投手

先発の金子千尋投手

<先発7回、9安打、3失点>
「リードを守ることができず、悔しいですし、申し訳ないです。」

◇ 吉田 正尚 選手

3安打1打点の活躍を見せた吉田正選手

<1回1死2塁からセンターオーバーの先制タイムリー2BHを放つ!>
「プロに入って初めて3番を打たせてもらっていますし、チャンスだったので、なんとかランナーをかえしたいと思っていました。いい準備ができたと思いますし、いい結果が出てくれてよかったです!」

◇ ブライアン・ボグセビック 選手

ソロHRを放ったボグセビック選手

<4回、ライトスタンドへ勝ち越しとなる第3号ソロHRを放つ!>
「打ったのはストレート。いい感じでスイングできたし、ホームランになってくれてよかったよ!」