2016/09/06(火)第19回戦

福岡ソフトバンク vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 10 0
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 3 0

18:00試合開始|ヤフオクドーム
第19回戦 8勝11敗0分|快晴|観客数:37,502人

西が7回2安打1失点!最後は平野が締めて逃げ切りに成功

ハイタッチを交わすBsナイン
T-岡田選手の犠飛で先制に成功する

Bsは初回、糸井と安達の連打からチャンスを作るとT-岡田が犠飛を放ち先制に成功する。試合開始早々に援護点をもらった先発・西は序盤3回をパーフェクト。その後も快投を続け、6回まで許した走者は四球による1人だけという抜群の投球でH打線をねじ伏せる。
この好投に応えたい打線は7回、1死2,3塁から安達がライト前に弾き返し貴重な追加点を叩き出す。西は7回1死から安打を許し惜しくも大記録達成はならなかったが、7回を投げ切り2安打1失点の好投。最少リードを2番手海田が繋ぎ、最後は守護神・平野が8回2死1,2塁のピンチから回跨ぎのパーフェクトリリーフで守り切った。接戦を制しHとの4連戦は白星スタートとなった。

◇ 福良 淳一 監督

「西がすばらしいピッチングをしてくれたね。後を投げた海田もよかったし、平野はいつもきついところだけど、よく抑えてくれた。打線は追加点がほしかったんだけど、なかなか取ることができなかった。今日はピッチャーがよくがんばってくれた。」

◇ 西 勇輝 投手

7回を2安打1失点と好投した西投手

<今日のヒーロー!先発7回、被安打2、失点1の好投!今季9勝目を挙げる!!>
「“なんとか粘り強く”と考えて投げました。その結果、最少失点で切り抜けることができたんだと思います。今シーズン、特に前半はチームに迷惑ばかりをかけてしまったので、なんとかこれからもチームのために勝ち星を積み上げていけるようにがんばります!」

◇ 安達 了一 選手

安達選手の適時打でリードを広げる

<7回1死2、3塁からライトへタイムリーヒットを放つ!>
「西もがんばっていましたし、“なんとか追加点を”と思っていましたので、タイムリーになってくれてよかったです!」