2016/09/07(水)第20回戦

福岡ソフトバンク vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5 0
  福岡ソフトバンクホークス 0 2 0 0 0 0 0 0 X 2 10 0

18:00試合開始|ヤフオクドーム
第20回戦 8勝12敗0分|快晴|観客数:38,500人

糸井が一発を放ち赤間が好投するも1点届かず

本塁打を放ちハイタッチで迎えられる糸井選手
1回を無失点に抑えた吉田一投手

Bsは2回に2点の先制を許すも、直後の3回に2死から糸井がレフトスタンドに飛び込むソロHRを放ちすぐさま1点差に。
一方の先発・山田は8安打を浴びながらも5回2失点と粘投。後を継いだ2番手・赤間もHクリーンアップを三者凡退に抑えるなど2回を1安打無失点と好投を見せ、打線に奮起を促す。しかし打線は毎回のように走者を出しながらもつながらず、終盤はHの小刻みな継投にかわされ敗戦。投手陣の粘りを何とか攻撃につなげたいところだったが、最後まであと1点が遠かった。

◇ 福良 淳一 監督

「山田は粘ってよく投げた。赤間もよかったし、一将も投げられたことがよかった。打線は低目のボールに手を出しすぎてしまった。」

◇ 山田 修義 投手

5回2失点と試合を作った山田投手

<先発5回、被安打8、失点2>
「とにかく自分ができることに必死に集中して投げました。バランスよくストライクゾーンに投げ込むことができましたし、ランナーを出しながらでしたが粘り強く投げることもできたと思います。しかし、なんとか先制点は防ぎたかったです。」