2016.09.17 SAT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
0
0
0
0
2
0
0
0
1
2
0
1
0
0
1
0
2
X
R
H
3
7
6
9

糸井の1発で意地を見せるも、勝負所の失点響き連勝ストップ

2安打1打点の活躍を見せたT-岡田選手

先発のディクソンは初回から2点を失う苦しい立ち上がり。2回は三者凡退に抑えたものの、3回はミスも絡み1失点と序盤で3点のリードを許してしまう。
一方H先発・和田の前に4回まで1安打に抑えられていた打線だったが、5回この回先頭大城の安打を足掛かりに1死1,3塁の好機を作り、安達がライト前へ技ありの適時打!1点を返すと、T-岡田にも適時打が生まれ1点差に詰め寄る。
しかし、3回以降立ち直りの兆しを見せていたディクソンが、6回H松田に手痛い1発を浴びリードを広げられると、8回には4番手吉田が2点を奪われ万事休す。9回糸井がH守護神サファテから一発を放ち意地を見せるも、反撃遅くチームの連勝は2でストップした。

◇ 福良 淳一 監督

「ディクソンは立ち上がりからボールも高かったし、らしくなかった。打線は勝負ところであと一本が出なかった。強いチームを相手に、特に後半にスキを見せてはいけない。」

◇ ブランドン・ディクソン 投手

先発のディクソン投手

<先発5回0/3、被安打8、失点4>
「身体のコンディション自体はよかった。しかし要所要所でボールが甘くなってしまった。」

  1. トップ
  2. 試合情報
  3. ゲームレポート

SUPPORTED BY

  • ユニバーサルホテル
  • オリックス
  • シティ信金
  • 京セラバイト
  • メルカリ(固定)
  • LEFT-U(固定)
  • サムティ(固定)
  • FWD生命(固定)
  • ポンタ(固定)
  • ANA
  • 延田グループ
  • ウェイブダッシュ
  • 日本トリム
  • イオン
  • Jスポーツ
  • パーソル
  • 杉本商事
  • ビックカメラ
  • OSAKAINFO
  • 交流戦
  • オールスター
  • フレッシュオールスター
  • オリ模倣Web注意
  • オリックス レンタカー
  • オリックス銀行
  • ダンスアカデミー(固定)
  • ドーム草野球(固定)
  • ドームツアー(固定)