2016/09/20(火)第23回戦

オリックス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 3 0 1 0 1 0 0 4 2 11 14 0
  オリックス・バファローズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 6 1

18:00試合開始|京セラD大阪
第23回戦 11勝12敗0分|快晴|観客数:17,943人

ルーキー青山ホロ苦デビュー 5奪三振も4回4失点でプロ初黒星

T-岡田選手の安打から1点を返す
プロ初勝利はお預けとなった青山投手

プロ初登板となったBs先発・青山は、立ち上がりに連続四球で走者をためると2死後、Lメヒアに一発を浴びいきなり3点を失ってしまう。イニング数を上回る毎回の5三振を奪ったものの4回4失点、プロ初勝利は次回以降に持ち越しとなった。
一方打線は4回にT-岡田、中島の連打で2,3塁とすると相手の暴投で1点を返す。しかし、5回以降はL投手陣の前に2安打に封じられると、青山の後を受けた救援陣もL打線のHR攻勢に飲み込まれ大敗。悪天候の中、本拠地に駆け付けたファンに勝利を届けることはできなかった。

◇ 福良 淳一 監督

「青山は、2回以降は打者と勝負できていたけど、やはり初回のフォアボール。ホームランはバッテリーで防がなければいけない。」

◇ 青山 大紀 投手

4回を投げ4失点だった青山投手

<先発4回、被安打4、失点4>
「立ち上がりは、思い通りに制球することができませんでした。先頭打者から連続でフォアボールを与えてしまったことがすべてです。それでも、2回以降は点こそ取られたものの打者としっかり勝負することができましたし、自分の投球ができたと思います。今日の経験を次にしっかりと繋げていけるようにしていきたいです。」