2016/09/21(水)第24回戦

オリックス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 8 1
  オリックス・バファローズ 1 0 1 0 0 0 0 3 X 5 9 0

18:00試合開始|京セラD大阪
第24回戦 12勝12敗0分|快晴|観客数:19,485人

8回に代打・駿太が決勝2点適時打!終盤の攻防を制す!

先制のホームを踏んだ安達選手をベンチがハイタッチで迎える
2安打を放った糸井選手
西野選手がこの日2本目の安打でチャンスを広げる

Bsは初回、1死2塁から吉田正が一塁線を破る適時2塁打を放ち先制すると、3回にはT-岡田の犠飛で追加点を奪う。
一方、援護を受けた先発・松葉は快調な投球を見せ、6回までに9三振を奪う快投も、終盤に入った7回に1死からの3連打で同点に追いつかれてしまう。それでも続くピンチは凌いで勝ち越しは許さず、打線の反撃を信じマウンドを後にする。
好投を見せた松葉のためにも奮起したい打線は同点で迎えた8回、2死球と西野の安打で2死満塁とすると、代打・駿太がフルカウントからファウルで粘った8球目を右前に弾き返して2者生還!これで勝ち越したBsは、この後さらに相手失策で1点を加えリードを広げると、最後は守護神・平野がきっちりとL打線を三者凡退!終盤にもつれ込んだ試合を代打の一振りで制し、昨日のリベンジを果たした!

◇ 福良 淳一 監督

「駿太がよく打ってくれた。いい仕事をしてくれたね。松葉はストレートに力があったし、コントロールもよかった。最高のピッチングだっただけに、なんとか勝たせてあげたかった。明日も勝てるようにがんばります。」

◇ 駿太 選手

駿太選手の2点適時打で勝ち越しに成功

<今日のヒーロー!8回2死満塁の場面で代打出場!試合を決める勝ち越し2点タイムリーヒットを放つ!!>
「緊張しましたが、“なんとか打ってやろう”と思っていました。何も考えずに打席に入ったことがよかったんだと思います。(決勝タイムリーについて)久しぶりすぎて、何が何だか分からなかったんですが、ファンのみなさんが喜んでくれて、最高です!いつも応援していただいて、ありがとうございます!明日からも与えられたポジションを全力でがんばります!」

◇ 松葉 貴大 投手

松葉投手が11奪三振の好投を見せる

<先発7回、被安打8、失点2>
「調子自体はよかったですし、自分のピッチングはできたと思います。ただ、相手もいいピッチャーだということは分かっていましたし、なんとか最少失点で粘りたかったです。」

◇ 吉田 正尚 選手

吉田正選手が勝負強さを発揮し先制打を放つ

<1回1死2塁から一塁線を破る先制タイムリー2BHを放つ!>
「インコースのストレートをうまく払うことができました!初回のチャンスでしたし、なんとか先制することができてよかったです!」