2017.03.20 MON
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
0
0
2
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
3
0
R
H
3
6
3
7

2017オープン戦 第11戦!

先制のタイムリー三塁打を放った小谷野選手!
先制のホームを踏んで歓迎を受ける鈴木昂選手!
9回に登板した吉田一投手はこの回を零封する!

開幕ローテーション入りを狙うドラフト1位ルーキー山岡は、140キロ中盤のストレートと切れ味抜群のスライダーを軸にC打線を寄せ付けない。3回まで1人のランナーも出さない完璧な内容。4回にフォアボールで始めてランナーを出すものの、落ち着いて後続を断ち無失点で切り抜けるなど、山岡は7回1/3を4安打2失点の好投を見せる。

一方Bs打線は3回、先頭鈴木昂のヒットを足がかりに、1死2、3塁のチャンスを作ると、3番小谷野がセンターへ2点タイムリー3BHを放ち、鮮やかに先制。
6回には主軸候補の4番ロメロがレフトスタンドへオープン戦第1号ソロHRを放ち、1点を追加するなど主軸が存在感を示す。

試合のほうは、8回に追いつかれて3-3の引き分けで終わるものの、この試合、新外国人ロメロに待望の1発が飛び出すと、ドラフト1位山岡は8回を4安打2失点の好投を披露するなど新戦力が躍動した。

◇ 福良 淳一 監督

OP戦第1号を放ったロメロ選手!

「山岡は十分でしょう!球数が多くなっても問題なかったし、開幕ローテーション入りに相応しいピッチングをしてくれた。ロメロには長打も期待しているからね。一本出てくれてよかった。」

◇ 山岡 泰輔 投手

先発として好投した山岡投手!

<先発7回1/3を被安打4、失点2の好投!開幕へ向けて順調な調整ぶりを披露!>
「ゴロを打たせて、テンポよく投げられましたし、自分のピッチングをすることができたと思います。前回登板でフォアボールが多かったので、フォアボールでランナーをためないことを意識して投げました。今日のようなピッチングが続けられるように、いい形でシーズンに入っていけるようにがんばります!」

  1. トップ
  2. 試合情報
  3. ゲームレポート

SUPPORTED BY

  • ユニバーサルホテル
  • オリックス
  • シティ信金
  • 京セラバイト
  • FWD生命(固定)
  • ポンタ(固定)
  • メルカリ(固定)
  • LEFT-U(固定)
  • サムティ(固定)
  • 杉本商事
  • ビックカメラ
  • ANA
  • 延田グループ
  • ウェイブダッシュ
  • 日本トリム
  • イオン
  • Jスポーツ
  • パーソル
  • OSAKAINFO
  • フレッシュオールスター
  • オリ模倣Web注意
  • オリックス レンタカー
  • オリックス銀行
  • ダンスアカデミー(固定)
  • ドーム草野球(固定)
  • ドームツアー(固定)