2017.06.23 FRI
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2
0
0
0
0
0
3
0
4
0
2
0
0
0
0
1
0
0
R
H
9
16
3
7

マレーロのHRで一度は追いつくも、終盤に勝ち越されて黒星

両足できっちりホームベースを踏むマレーロ選手!
ベンチで戻って歓迎を受けるマレーロ選手!
ライトヒットだけでなく、好守備も見せた武田選手!

先発の山岡は初回にいきなり2死1,3塁のピンチを招き、連続タイムリーヒットを許して2点を失う。だが打線は2回に2死からT-岡田がレフトヒットで出塁すると、続くマレーロがライトスタンドへ同点2ランホームランを放ち、すぐさま試合を振り出しに戻す!その後試合は投手戦に。

膠着状態となった試合が動いたのは7回、好投を続ける山岡が1死1,2塁のピンチを招くと、今日2安打を許しているM三木に勝ち越しの2点タイムリー2ベースヒットを浴びて降板。代わった大山はMパラデスにタイムリーヒットを許してしまう。しかし直後の裏に打線は四球で出塁したマレーロが3塁へ進むと、相手の失策で生還する!

2点ビハインドで迎えた9回、4番手黒木が登板したが、満塁の場面で押出し四球を与えると、Mペーニャへの投球が危険球となり退場。代わった金田もタイムリーヒットを打たれるなど、この回だけで4失点。

1点でも多く返して明日に繋げたいBsだが、最後の攻撃となった9回は3者凡退に倒れて試合終了。3回以降は僅か3安打と打線が振るわず、リーグ戦再開後のカード初戦を落とした。

◇ 福良 淳一 監督

「山岡は2回以降尻上がりによくなった。打線がもう少し援護しなければいけなかった。後半、2点差のところでなんとかしたかった。」

◇ クリス・マレーロ 選手

同点弾を放ったマレーロ選手!

<2回2死1塁からライトスタンドへ同点3号2ランHRを放つ!>
「打ったのは外のストレート。しっかりと打ち返すことができたね。先制されていたし、なんとか早いイニングに追いつくことができてよかったよ!」

◇ 山岡 泰輔 投手

先発、山岡投手

<先発6回1/3、被安打9、失点5>
「先制されてしまいましたが、2回以降は粘って投げることはできたと思います。しかし三者凡退のイニングが少なく、リズムの悪いピッチングになってしまいました。打線が追いついてくれただけに、7回はなんとか0で粘って投げきりたかったです。」

  1. トップ
  2. 試合情報
  3. ゲームレポート

SUPPORTED BY

  • ユニバーサルホテル
  • オリックス
  • シティ信金
  • 京セラバイト
  • LEFT-U(固定)
  • サムティ(固定)
  • FWD生命(固定)
  • ポンタ(固定)
  • メルカリ(固定)
  • 延田グループ
  • ウェイブダッシュ
  • 日本トリム
  • イオン
  • Jスポーツ
  • パーソル
  • 杉本商事
  • ビックカメラ
  • ANA
  • OSAKAINFO
  • オールスター
  • フレッシュオールスター
  • オリ模倣Web注意
  • オリックス レンタカー
  • オリックス銀行
  • ダンスアカデミー(固定)
  • ドーム草野球(固定)
  • ドームツアー(固定)