2019/04/21(日)第6回戦

楽天イーグルス vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 1 2 0 0 0 3 6 2
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 2 2 2 0 0 0 1 X 7 8 1

13:00試合開始|楽天生命パーク
第6回戦 3勝2敗1分|観客数:27,108人

3イニング連続失点が響いて流れを作れず2連敗

代打でレフト前ヒットを放った西野選手!
満塁のチャンスでレフト前に2点タイムリーヒットを放った伏見選手!
1イニングを三者凡退に抑えた近藤投手!

今カード勝ち越しがかかるイーグルス3連戦3戦目。先発の松葉は2回、E銀次への変化球が頭部に当たったため、危険球により退場。スクランブル登板となった2番手荒西は、E嶋に先制弾を浴びてしまう。

荒西は3回だけで4四球と制球に苦しみ、2点を失いなおも2死満塁のピンチで降板。代わった3番手比嘉が後続を断つ!

しかし比嘉は4回に1死1,3塁のピンチでE浅村に長打を浴び2失点と、点差を広げられてしまう。

打線は5回に大城がレフトスタンドにソロホームランを運び反撃開始!さらに続く6回には2死満塁のチャンスで伏見がレフト前2点タイムリーヒットを放つ!

投手陣は5回を海田が無失点!6回は近藤が三者凡退!だが7回から登板した山崎福は2イニング目の8回に2死から連続長打を浴び1失点。

追いつきたい打線だが、7回以降は出塁することができずにゲームセット。

昨日同様、先制を許してから追い上げを見せるも届かず2連敗。明日は東京ドームで迎えるホークス戦。先発アルバースに連敗を止めてもらい、嫌な流れを断ち切ろう!

◇西村 徳文監督

「先発の松葉が早いイニングで、ああいう形でマウンドを降りてしまったら、どうしても後ろのピッチャーにしわ寄せが来てしまう。後を投げたピッチャーもがんばらなければいけないところだけど、チームとして痛いですよね。場所も変わりますし、また明日しっかりと戦います。」