2019/05/17(金)第7回戦

オリックス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 1 2 2 0 0 0 0 2 7 11 0
  オリックス・バファローズ 0 0 0 3 0 0 2 0 0 0 5 8 0

18:00試合開始|京セラD大阪
第7回戦 2勝5敗0分|観客数:22,500人

吉田正とマレーロの1発で2度同点に追いつくも、延長戦を落とす

4回に一時同点となる2ランホームランを放った吉田正選手!
今季初アーチをロメロ選手と一緒に喜ぶマレーロ選手!
途中出場ながら2打数2安打の中川選手!

京セラドーム大阪に戻り、今日からの3連戦はライオンズを迎えてのKANSAI CLASSIC 2019!

先発の山岡は3回に先頭打者への長打からL外崎の犠飛で先制を許すと、4回には1死1,3塁のピンチでL栗山の内野ゴロ間に1点を、さらにL木村に長打を浴びてこの回2失点。

だが直後の裏、打線は1死から福田がレフト線へチーム初ヒットとなる2ベースヒットを放つと、大城が右中間へタイムリー2ベースヒット!続く吉田正は高めに甘くきた変化球を捉えてライトスタンドまで運び、試合を振り出しに戻す!

山岡は5回にL山川に勝ち越し弾を浴びてしまうが、それでも6回、7回を無失点に抑える!

すると打線は7回裏、先頭の吉田正が死球で出塁すると、2死後にマレーロが真ん中付近に来たストレートを捉え、今シーズン第1号となる同点アーチが右中間スタンドへ飛び込む!

試合は同点のまま延長戦に進むと、10回から登板した4番手小林が、L源田への長打から1死3塁のピンチを招き、L森に勝ち越しの犠飛を、続くL中村には1発を浴びてしまう。

三度同点に追いつきたい打線だったが、10回裏の攻撃では得点圏へ走者を出すも無得点・・・。

リードされた状態から同点までは持ち込んだものの、8回に得た1死満塁の絶好機を逃すなど勝ち越せず、接戦で黒星。明日こそ好投を続けるK-鈴木に初白星を届け、連敗を止めよう!

◇西村 徳文 監督

「山岡はよくなかったですね。途中立ち直る気配はあったけど、苦しいピッチングになってしまっていた。2度よく追いついてくれたけど、やはり8.9回のチャンスで点を取っていかないとこういう展開になってしまうという事。(4回円陣を組んだことについて)2人続けて見逃し三振をしていては勝負にならない。4回以降のような戦う姿勢を初めから見せていかなければというところですね。」

◇大城 滉二 選手

今日最初のチャンスで右中間へタイムリー2ベースヒットを放った大城選手!

<4回1死2塁から、右中間へタイムリー2BHを放つ!>
「打ったのはストレートです。チャンスでしたし、初球から積極的に打ちにいこうと思っていたので、タイムリーになってくれて良かったです。」

◇吉田 正尚 選手

ライトスタンドへ9号2ランホームランを放った吉田正選手!

<4回1死2塁から、ライトスタンドへ飛び込む9号2ランHRを放つ!>
「打ったのはカーブです。浮いて甘く入ってきたボールを、しっかりと自分のスイングで打つことが出来ました。」

◇クリス・マレーロ選手

今季初本塁打を放ったマレーロ選手!

<7回2死2塁から、右中間スタンドへ今季1号となる同点2ランHRを放つ!>
「しっかりと外のストレートを打つことが出来たね。打った瞬間スタンドまで届いてくれると思ったよ。なんとかしたいと思っていたし、追いつくことが出来て良かった。」

◇山岡 泰輔 投手

先発山岡投手

<先発7回を投げ、被安打8、失点5>
「調子自体は悪くなかったんですが、三者凡退のイニングも少なく、リズムの悪いピッチングになってしまいました。打線が追いついてくれた後、なんとか粘りたかったんですが、勝ち越しホームランを許してしまい、申し訳ないです。」