2019/06/09(日)第2回戦

東京ヤクルト vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 1 0 0 0 2 0 1 0 0 4 6 0
  東京ヤクルトスワローズ 1 0 2 0 0 4 0 2 X 9 9 1

13:00試合開始|神宮
第2回戦 1勝1敗0分|観客数:30,474人

雨の中、小林が1発を浴び4連勝ならず

先発したK-鈴木投手
5回の同点打を含め、2安打1打点の活躍、中川選手!
左中間へ2ベースヒットを放った吉田正選手!

敵地での対スワローズ2戦目。打線は初回に佐野の四球から1死1,3塁のチャンスを作り、昨日大活躍だったロメロがライトへ先制の犠牲フライを放つ!

1点をもらった先発のK-鈴木だが、1回裏に2死からの連打で1,3塁のピンチを招き、自らの暴投で同点とされると、3回には2四球と2本のタイムリーヒットで2失点。続く4回は三者凡退に抑える!

同点に追いつきたい打線は5回、2死から佐野と吉田正が連続四球を選ぶと、ロメロがレフト前にタイムリーヒット!さらに中川もセンター前タイムリーヒットを放ち、試合を振り出しに戻す!

リリーフ陣勝負となった試合は6回、この回から登板した4番手小林が、先頭打者Sバレンティンにいきなり四球を与えると、続くS村上に勝ち越し弾を浴びる。なおも1死1,3塁のピンチを招いたところで5番手山崎福が登板。だが2死満塁の場面でS青木に痛い2点タイムリーヒットを許してしまう。それでも7回に打線は吉田正とロメロの連打で1点を返す!

8回からは怪我から復帰したディクソンが今季初登板も、1死から四球で走者を出し、連打で2失点とリードを広げられ、そのまま試合終了・・・。

連勝は止まったが、昨日に続きロメロが2打席連続タイムリーヒットを放つなど2安打3打点の活躍を見せれば、5番に座ったルーキー中川も2安打1打点と活躍!次は京セラドーム大阪に戻ってドラゴンズとの3連戦!まずはカードの初戦で白星を手にし、再び連勝を狙っていこう!

◇西村 徳文 監督

「フォアボールでピンチを作ってからの失点というところですね。ほとんどの失点がそうだったし、しっかりと考えなければいけない。打線がよく追いついただけに、なんとか粘らなければいけなかった。」

◇ステフェン・ロメロ 選手

<5回2死1、2塁からレフトへタイムリーヒットを放つ!>
「チャンスだったし、とにかくバットに当てて“こと”を起こしたいと思っていたよ。なんとか野手の間を抜けてくれたね!」

◇中川 圭太 選手

試合を振り出しに戻す一打を放った中川選手!

<5回2死1、2塁からセンターへ同点タイムリーヒットを放つ!>
「ロメロが打って、いい流れでチャンスが続いていましたし、必死に打ちにいきました。なんとかタイムリーになってくれてよかったです!」

◇K-鈴木 投手

<先発4回、4安打、3失点>
「もっと大胆に攻めていかなければいけませんでした。早いイニングでの降板となってしまい、先発としての役割を果たすことができず、申し訳ないです。」