2019/06/20(木)第3回戦

巨人 vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 8 0
  読売ジャイアンツ 0 0 0 0 0 2 0 2 X 4 4 0

18:00試合開始|東京ドーム
第3回戦 1勝2敗0分|観客数:44,038人

K-鈴木が力投も、8回2死から勝ち越しを許して連勝ならず

7回2/3を投げ被安打3、4失点と踏ん張ったK-鈴木投手!
5回に先制打を放った大城選手!
3安打1盗塁の活躍、中川選手!

対ジャイアンツ3連戦最終戦。先発のK-鈴木は初回を三者凡退に片付けると、2回以降も落ち着いた投球でG打線を零封していく!

好投を続けるK-鈴木を助けたい打線は5回、西野のセンター前ヒット、福田の四球などで2死1,2塁とし、大城がライト線へ先制の2点タイムリー3ベースヒットを放つ!

K-鈴木は6回に2死1塁の場面でG丸に同点弾を浴び追いつかれてしまうが、それでも続く7回は三者凡退!8回は二者連続三振を奪うも、その後二者連続四球でピンチを招いたところで降板。代わった2番手近藤がG丸に勝ち越しの長打を許してしまう。

なんとか反撃したい打線は、9回に代打・佐野、代打・鈴木昂の連打で1死1,2塁としたが、最後は飯田が併殺打に倒れる・・・。

交流戦は残り4試合。明日から広島で行われるカープ3連戦では気合を入れ直し、打線が投手を助ける理想的な戦いで勝利しよう!

◇西村 徳文 監督

「Kは良く投げてくれた。頑張って投げてくれていただけに勝たせることが出来ず、申し訳ない。8回のところはその前に打たれていたので、近藤に託しました。継投の起用は監督である私の責任です。
打つ方では、大城がよく打ってくれた。先にいい形で2点取れたけど、そのあとですね。チャンスは作れているだけになんとか工夫して攻略していかなければいけない。」

◇K-鈴木 投手

<先発7回2/3を投げ、被安打3、失点4>
「今日はしっかりと打者に向かっていく気持ちで投げることが出来たと思います。6回の場面はなんとしてでも、長打は避けなければいけませんでしたし、1球の大事さを痛感しました。8回もフォアボールでランナーをためてしまいましたし、投げ切る事ができず、とても悔しいです。」

◇大城 滉二 選手

先制の2点タイムリー3ベースヒットを放った大城選手!

<5回2死1,2塁から、ライトへ先制2点タイムリー3BHを放つ!>
「打ったのは真っ直ぐです。Kが頑張って抑えていたので、なんとか先に点を取ろうと必死に打ちました。しっかりと捉えることができましたし、先制することができて良かったです!」