2019/07/09(火)第14回戦

楽天イーグルス vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 4 0
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 1 3 1 0 0 0 1 X 6 8 0

18:00試合開始|楽天生命パーク
第14回戦 7勝6敗1分|観客数:24,658人

9回に吉田正がソロ弾を放つも、序盤の失点を返せず黒星

打者6人から5三振を奪った荒西投手!
1イニングを無失点に抑えた吉田凌投手!
ライトスタンドへ15号ソロホームランを放った吉田正選手!

対イーグルス3連戦2戦目の先発は、今季初先発となる山崎福!その山崎福は初回を三者凡退に抑える好スタートを見せる!だが2回に先制打を許すと、3回には2死から連打でピンチを招いて1発を浴びるなど、3回4失点で降板。

早めの継投策に出たバファローズだが、4回から登板した2番手東明は、四球をきっかけに追加点を許す。

反撃を狙う打線は、2回に中川の右中間2ベースヒット、続く宗の死球、さらにE則本の暴投などにより2死2,3塁とするも無得点。3回には福田がライト前ヒットで出塁し、盗塁を決めるなど2死3塁、さらに6回には吉田正がライトフェンスを直撃する2ベースヒットを放つなど得点圏まで走者を進めるも、あと1本が続かない。

5回から登板した荒西は2イニングを投げ5奪三振でパーフェクト!さらに7回から登板した吉田凌は1イニングを無失点に抑える!しかし8回から登板したエップラーが被弾し、6点差となる。

完封を阻止したい打線は9回、先頭打者吉田正が低めの変化球を振り抜き、ライトスタンドへ15号ソロホームランを運ぶ!だが後続が断たれて反撃はこの1点のみに・・・。

明日は9連戦最終戦にして、オールスター前最後の試合!先発はウエスタン・リーグで35イニングを投げ、防御率0.77の鈴木優が2016年以来3年ぶりの1軍登板&初先発!その状態の良さを1軍でも発揮してプロ初勝利を手にしてもらい、前半戦を白星で終えよう!

◇西村 徳文 監督

「福也は初回は良かったんだけど、2アウトを取ってからのピッチングですね。3回の3点も今日の展開を考えると重かった。相手の投手も良かったけど、なんとか先に主導権を握れるような展開にしていかないと。前半戦あと1試合、なんとか先に点を取って、こちらが主導権を握れるようなゲームにしていきたいと思います。」

◇山崎 福也 投手

先発した山崎福投手

<先発3回を投げ、被安打5、失点4>
「先発投手の役割としてなんとか1イニングでも長く投げたかったんですが、ゲームを作ることができず、申し訳ないです。」