2020/11/03(火)第22回戦

オリックス vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 0 0 0 0 1 1 1 3 9 0
  オリックス・バファローズ 3 0 0 0 1 0 2 0 X 6 11 1

18:00試合開始|京セラD大阪
第22回戦 11勝9敗2分|観客数:9,759人

ドラ2ルーキー紅林が初打席初安打デビュー!山崎福の好投&3HRで連敗を止める!

初回にチーム最多の16号2ランホームランを放ったT-岡田選手!
初回に先制打、その後に2HRと大暴れしたモヤ選手!
勝利のエアハイタッチを交わす選手たち!

京セラドーム大阪に戻り、今日からは楽天との最後の3連戦!打線は初回、佐野の左中間への3ベースヒットから1死3塁の好機を作り、3番モヤがセンターへ先制のタイムリーヒット!さらにT-岡田が甘くきた変化球を見逃さずに捉え、左中間スタンドへ16号2ランホームランを運ぶ!

初回を三者凡退に抑えた山崎福だが、2回以降は毎回走者を許しながらも粘り強いピッチングでE打線を零封していく!

すると5回、モヤが真ん中付近へきたストレートを弾き返し、レフトスタンドへリードを広げる11号ソロホームランを放つ!

山崎福は6回に2死からヒットを許したところで降板も、5回2/3を無失点!代わった2番手吉田凌がEロメロを打ち取る!

7回からは3番手K-鈴木が登板も、被弾し3点差に。だが直後の裏、1塁に西浦を置き、モヤが高めにきた変化球を完璧に捉え、2打席連続となる12号2ランホームランを、ライトスタンドの5階席へ放り込む!

8回から登板した4番手張はこの回1失点。さらに9回には5番手漆原が1点を失うも、最後はE島内の打球をルーキー紅林がしっかり処理して試合終了となり、バファローズが連敗を最少で止めてカードの頭を取った!

◇中嶋 聡 監督代行

「順位も決まり、目標が薄くなってきたところで、それを払拭といいますか、そういう流れを見せない選手をと思い、若い選手を起用しました。
紅林の高卒一年目での初打席、初ヒットは素直に大したものだと思います。だいぶ緊張したと言っていましたが、守備は落ち着いていましたね。打つ方も、もっともっとよくなると思いますが、とりあえず一本出てよかったと思います。
安達、大城もそうですが、そこに宜保、太田が入って、いい競争をしてくれたらと思います。
今日はいろいろなチャンスをつぶしてしまいましたが、結局ホームランでの得点だったので、やはりホームランは大きいなと思いました。
8回、9回は張と漆原が点を取られはしましたが、リードは守ってくれましたし、よかったと思います。この二人に加え、K(-鈴木)ですとか鈴木優が1イニングにどういう風にはまっていくのかを試したいと思います。 
残りの京セラドームでの3試合も出るメンバーで、全力で勝ちにいきたいと思います。」

◇山崎 福也 投手

本日のヒーロー、5回2/3を無失点に抑えて5勝目を手にした先発の山崎福投手!

<今日のヒーロー!6回途中3安打無失点の好投!自身最多となる5勝目を挙げる!!>
「今日はなんとか“結果を残す”ということだけ頭に入れて投げました。立ち上がりからいいテンポで投げられていたので、そこがよかったんだと思います。
(ピンチの場面では)1球1球集中して、低めに投げることを意識していたことが、いい結果につながってくれたんだと思います。
(モヤは)前回の試合でも打ってくれていましたし、今日も打ってくれて感謝しています。(自身最多となる5勝目について)まだまだ勝てるように、チームに貢献できるようにがんばりたいです!
残り少ないですが、まだ試合は残っているので、最後まで応援よろしくお願いします!」

<先発5回2/3を投げ、被安打3、無失点>
「立ち上がりをしっかりと抑えられてよかったですし、ピンチの場面も何度かありましたが、粘り強く投げることができました。欲を言えば、もう少し長いイニングを投げられるようになりたいですし、球数が多くなってしまったところは反省したいと思います。」

◇スティーブン・モヤ 選手

本日のヒーロー、2HRを含む3安打4打点の大活躍のモヤ選手!

<今日のヒーロー!決勝点となる先制タイムリーを含む、3安打4打点2HRの大活躍!!>
「(先制の場面は)あの場面はランナー3塁という状況だったし、とにかく外野の遠くに飛ばせば、ランナーは還ってきてくれると思って打席に入っていたよ。
(5回のHRについて)とにかく毎打席、しっかりボールを捉えることを考えて打席入っている中で、あの場面ホームランになってくれたし、いい形で結果を残していけば、ピッチャーの応援になる、後押しになると思っているよ!
(理想のHRは)どんなホームランでもフェンスを越えてさえくれれば大丈夫だよ。
(ファンに向けて)シーズン最後までがんばります!」

<1回1死3塁から、センターへ先制タイムリーヒットを放つ!>
「打ったのはフォーク。ボールが浮いてきたら、最低でも外野に飛ばそうと思って打席に入っていたよ。打球は低かったけど、なんとかセンターに抜けてくれてよかった!」

<5回無死から、レフトスタンドへ飛び込む11号ソロHRを放つ!>
「打ったのはストレート。低めのボールだったけど、しっかりと捉えることができたね!なんとかスタンドまで届いてくれてよかったよ!」

<7回無死1塁から、ライトスタンド上段へ飛び込む12号2ランHRを放つ!>
「とにかく、しっかりとボールを捉えることだけ考えて、打席に入っていたよ!高めのボールをうまく捉えることができたし、ホームランになってくれてよかった!」

◇T-岡田 選手

初回に16号2ランホームランを放ったT-岡田選手!

<1回2死1塁から、バックスクリーン左へ16号2ランHRを放つ!>
「打ったのはチェンジアップだと思います。(感触は)完璧でした!なんとかつないでいこうと思って打席に入っていたので、甘く入ってきたボールをしっかりと捉えることができてよかったです!」

◇紅林 弘太郎 選手

デビュー戦の初打席でいきなりセンター前ヒットを放ったD2ルーキーの紅林選手!

<2回無死から、センターへヒットを放ち、プロ初打席、初安打を記録!>
「打ったのはカット系のボールだと思います。(初打席、初安打について)先頭打者だったので、何も考えず思い切っていきました!(ヒットになって)もうとにかくうれしかったです!」