2021/11/20(土)第1戦

オリックス vs 東京ヤクルト

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東京ヤクルトスワローズ 0 0 0 0 0 1 0 2 0 3 9 0
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 0 0 1 0 3X 4 10 1

18:00試合開始|京セラD大阪
第1戦 1勝0敗0分|観客数:19,297人

SMBC日本シリーズ2021開幕戦は、9回裏に3点を奪ってサヨナラ勝ち!

重要な場面で四球を選んだジョーンズ選手!
サヨナラ打を放ち、祝水で歓迎される吉田正選手!
スタンドのファンの方々へ応える吉田正選手!

いよいよ今日からSMBC日本シリーズ2021が開幕!

初回を三者凡退に抑えた先発の山本は、2回に初安打や味方失策もあり二死1,2塁のピンチを招くも、無失点で切り抜ける!

打線は2回、二死1,2塁の好機で若月がライトの後方へ鋭い打球を飛ばす。しかし相手の好守に阻まれ、惜しくも先制の好機を逃す。

5回にも打線は二死1,2塁のチャンスを作ったが、吉田正が放った大きな飛球は惜しくもフェンスの手前でセンターに追いつかれてしまい、この回も無得点に終わる。

すると6回、球数が増えながらも、粘り強い投球でS打線を零封してきた山本だが、2四球でピンチを招き、S中村に先制打を許す。

しかし続くSオスナを併殺打に仕留め、この回を最少失点で凌ぎ、6回1失点で交代となる。

追う打線は7回、代打で登場したモヤが、S奥川から右中間スタンドへ同点のソロホームランを放り込み、試合を振り出しに戻す!

だが続く8回、3番手として登板したヒギンスが、無死1塁の場面で相手4番S村上に痛恨の被弾。2点を奪われてしまう。

このままでは終わらないのが今年のバファローズ!迎えた9回、打線はSマクガフから紅林のライト前ヒット、代打ジョーンズの四球、さらに福田の犠打がフィルダースチョイスとなり、無死満塁!

このチャンスで宗がピッチャー返しのセンター前2点タイムリーヒットを放ち、まずは同点!そして最後は無死1,2塁のチャンスで吉田正が放った打球がセンターの頭上を超えるサヨナラタイムリー2ベースヒットとなり、決着!

好機を作りながらもなかなか得点に繋がらず、苦しい展開が続いたが、SMBC日本シリーズ2021の初戦は、バファローズが見事なサヨナラ勝ちで白星をおさめた!

◇ 中嶋 聡 監督

ヒーロー、吉田正選手を労う中嶋監督!

<SMBC日本シリーズ第1戦 勝利監督インタビュー!>
「すごかったとしか言いようがないですね。最初、選手は平常心というよりはガチガチに固まっていました。全然ダメでしたね。しかし、よく粘ってくれたと思います。(9回の攻撃は)最後まで諦めることなく、ジョーンズもしっかりフォアボールを選んでくれましたし、すべての選手が最後まで諦めなかったということが勝ちにつながったと思います。
相手も強いという印象ですし、こちらもそれ以上の気迫で戦っていきたいと思います。最後まで応援してください。何か起こします!」

◇ 吉田 正尚 選手

本日のヒーロー、サヨナラ打を放った吉田正選手!

<今日のヒーロー!9回に値千金のサヨナラタイムリー2BH!試合を決める劇的な一打を放つ!!>
「いやぁ、しびれましたね。宗がこれまで無いくらい球場を盛り上げてくれたので、その勢いでいかせていただきました!最後、チャンスをいただいて、その前はパワーが無かったので…(笑)、なんとか最後、抜けてくれて安心しました。
チーム全体として、今シーズン最後まで諦めない戦いというのが出来ていたので、この日本シリーズでも、初戦で出来たというのは大きな価値だと思います。
(25年振りの日本シリーズ)待ちすぎですもんね…いや、大丈夫です。ここからいきます!
本当にしびれるゲームだったので、僕もファンのみなさんも寝れるかどうか心配ですけど…(笑)しっかりと寝て、また明日も頑張りますので、応援よろしくお願いします!」

◇ 山本 由伸 投手

6回1失点にまとめた先発山本投手!

<先発6回を投げ、被安打5、奪三振9、失点1>
「全体的にランナーを許しながらの苦しいピッチングとなってしまっていたと思います。中盤までは、なんとか粘りながら投げることが出来ていたと思いますが、最後(6回の)、甘く入ってしまったボールを打たれてしまって悔しいです。まだ、試合は残っていますし、チームの逆転を信じてしっかりと応援します。」

◇ スティーブン・モヤ 選手

右中間スタンドへ代打弾を放ったモヤ選手!

<7回1死から、右中間スタンドへ一時、同点打となるソロHRを放つ!>
「甘く入ってきたボールをしっかりと捉えることが出来たし、打った瞬間、(スタンドに)入ってくれると思ったよ!大事な場面で打てて最高だね!でも、まだまだ試合は続いていくし、しっかりと切り替えてチーム全員で頑張っていくよ。」

◇ 宗 佑磨 選手

満塁のチャンスでセンター前2点タイムリーヒットを放った宗選手!

<9回無死満塁から、センターへ同点打となる2点タイムリーヒットを放つ!>
「自分でも信じられないですね。後ろに正尚さんやラオウさんがいるので、三振してもいい位の気持ちで当てにいかないように心掛けていました。チーム全員の諦めない気持ちが、いいつながりになってくれたんだと思います!」