2021/11/27(土)第6戦

オリックス vs 東京ヤクルト

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東京ヤクルトスワローズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2 10 0
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 2

18:00試合開始|ほっと神戸
第6戦 2勝4敗0分|観客数:15,239人

同点で迎えた延長12回に勝ち越しを許し、日本一の座を逃す

攻めの走塁で一時同点となるホームを踏んだ若月選手!
対左打者としてS村上を仕留めた能見投手!
4番手として0回2/3を無失点に抑えた比嘉投手!

ほっともっとフィールド神戸に移動して迎えるSMBC日本シリーズ2021第6戦。

冷え込みが厳しい中、先発のマウンドに上がった山本は、1回、2回を三者凡退に抑える!

山本は3回、Sオスナの長打で初めての走者を許すなど無死2塁のピンチを招いたが、飛び出した2塁走者のオスナを若月が刺し、この回を無失点で切り抜ける!

だが5回、山本は二死2塁のピンチでS塩見に先制打を許し、試合が動き出す。

直後の裏、打線は若月が放った打球がイレギュラーバウンド!これをセカンドがさばいて1塁へ送球するも、微妙なタイミングのためビデオ判定に。その結果はセーフで内野安打に!

そこから二死2塁の好機を作ると、福田が放った打球は下がるショートと前に出てくるレフトの間に落ちるタイムリーヒット!若月が同点のホームを踏む!

山本は6回、そして7回にも得点圏へ走者を出すが、辛抱強い投球で、S打線を最少失点に抑えていく!

勢いそのままに8回のマウンドに上った山本は、S打線の中軸を相手に三者連続空振り三振!さらに9回も三者凡退と、エースと呼ぶに相応しい圧巻のピッチングで9回141球1失点の力投を披露する!

山本のためになんとか勝ち越したい打線は9回、モヤの四球から二死1,2塁とサヨナラのチャンスを作る!しかし福田がヒット性の打球を放ったものの、惜しくもセンターの正面に飛び、試合は今シリーズ初の延長戦に突入。

そして迎えた12回表、5番手富山が登板し、二死を奪ったところで6番手吉田凌に交代。だが二死2塁のピンチを招き、代打S川端に痛恨の勝ち越し打を許す。

絶対に負けられないバファローズは12回裏、走者こそを出すものの、最後まで追加点が遠く、悲願の日本一をあと少しのところで逃した。

◇ 中嶋 聡 監督

「負けたらやっぱり悔しいですよね。
由伸があれだけのピッチングしてくれただけに、援護点を取ることができなくて悔しいですね。9回は本人が行くと言ったので行ってもらいました。これだけ投げたことのない一年間だったと思うんですけど、最後の最後にあれだけのピッチングをしてくれて、なんとかしたかったんですけど、悔しいですね。
打線も粘り強くというのはできていたと思いますが、結局は結果なので。いつも言うように毎回打てるわけではないですけど、点が取れなかったという結果、負けたということも結果です。リリーフ陣も、どのピッチャーも抑えようと思って投げていますし、勝つか負けるかのどっちかしかないんでね。それで負けたら監督の責任なので。引きずらないで、こういうこともあったということを覚えていてくれたらと思います。
優勝して、クライマックスが終わって、このシリーズに関して言えばもう少しできたのかなと。普段の自分たちの野球なのかといったらちょっと違う気もしますし、気負いなのか緊張なのか、思ったより動けなかったというのはありました。それも全て込みでやらなければいけないと思うので、そこをケアできなかったのはこっちの責任だと思います。選手は、これをただの経験じゃなく、これからの野球人生のいい方向に向かっていける経験にしなければいけないと思います。
(一年間の戦いを振り返って)諦めない姿勢はついてきたと思いますが、まだまだ足りない部分もありますし、どちらかというと発展途上のチームなので、まだまだやらなければいけないことは多いと思います。これで終わりというわけではなく、チーム、個人、全てがまだまだレベルアップできるはず。そしてもう、来年は始まっていると思いますので、長いシーズンでしたけど、来年2月のキャンプ、開幕というのはもう決まっているわけなので。どんなことを考えてオフを過ごすのかというのが大事になってくると思います。
一年間ここまでやってきましたけど、最後に負けてしまったというのは…やっぱり勝ち切って終わりたかったというのはあります。まだまだ足りない部分があるということですね。」

◇ 山本 由伸 投手

9回141球1失点の素晴らしいピッチングを披露した山本投手!

<先発9回を投げ、被安打6、奪三振11、失点1>
「多少の寒さもありましたが、特に気になることもなかったですし、しっかりと集中して投げることが出来ていました。先制点を許してしまいましたが、そこから崩れることなく、気持ちのこもったピッチングが出来たと思います。」

◇ 福田 周平 選手

5回表、一時同点となるタイムリーヒットを放った福田選手!

<5回2死2塁から、レフトへ一時同点打となるタイムリーヒットを放つ!>
「打ったのはフォークです。変化球が低めのいいところに決まっていましたし、その低めのボールを我慢して、詰まってでもいいので、なんとか後ろにつないでいこうという気持ちで打席に入っていました。その意識がいい結果につながってくれたんだと思います!」